6月16日2歴代26-28章 ルカ17:1-19

懸賞 2017年 06月 16日 懸賞

『心の奥に眠っている、欲望(高慢)に気をつける』

【Ⅱ歴代26:3 ウジヤは十六歳で王となり、エルサレムで五十二年間、王であった。彼の母の名はエコルヤといい、エルサレムの出であった。26:4 彼はすべて父アマツヤが行ったとおりに、【主】の目にかなうことを行った。26:5 彼は神を認めることを教えたゼカリヤの存命中は、神を求めた。彼が【主】を求めていた間、神は彼を栄えさせた。・・・
26:16 しかし、彼が強くなると、彼の心は高ぶり、ついに身に滅びを招いた。彼は彼の神、【主】に対して不信の罪を犯した。彼は香の壇の上で香をたこうとして【主】の神殿に入った。】

①ウジヤ王も、「信仰深い時期」を過ごしながらも、「最後は高慢」になった王でした。

②彼は、信仰のアドバイザーが居なくなり、
自分の力が強くなると、
高慢になり、主の願いよりも自分の欲望を優先するようになったのです。

③多くの信仰者が崩れる時は、自分が強くなった時です。
弱い時には「主にすがるしかない」ので、信仰的な行動を取りますが、
心の奥には「自分の欲望を満たしたい」という願いが隠れているのです。

そして強くなった時に、
心の奥に眠っていた「欲望」が動き出し、高慢な態度を取るのです。

・・・弱い時に主にすがることは良いことですが、
強くなった後も「主を第一」にしていきましょう。

隠れた欲望は、(苦しみの中で)早めに対処し、
悔い改めて、聖めを頂くのです。




『謙遜な心は、安全のため不可欠』

【ルカ17:7 ところで、あなたがたのだれかに、耕作か羊飼いをするしもべがいるとして、そのしもべが野らから帰って来たとき、『さあ、さあ、ここに来て、食事をしなさい』としもべに言うでしょうか。17:8 かえって、『私の食事の用意をし、帯を締めて私の食事が済むまで給仕しなさい。あとで、自分の食事をしなさい』と言わないでしょうか。17:9 しもべが言いつけられたことをしたからといって、そのしもべに感謝するでしょうか。17:10 あなたがたもそのとおりです。自分に言いつけられたことをみな、してしまったら、『私たちは役に立たないしもべです。なすべきことをしただけです』と言いなさい。」】

①「私たち人間」は「創造主」の前では、
「小さなもの」で取るに足りないものです。
そして主より、使命と能力が与えられているだけなのです。

ですから主の前では「役に立たないしもべです」「言いつけられたことをしているだけです」という
「謙遜な態度」が相応しいのです。

②もしこの時、「そんなことはない」「自分はそれなりの偉大なものだ」と考える心があったら
「気をつけなければなりません」。
あなたは「高慢の芽」を持っているかもしれないのです。






20170616


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-06-16 05:30 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/24472545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 6月17日2歴代29-30章 ...   6月15日2歴代23-25章 ... >>