6月4日1歴代14-16章 ルカ11:1-13

懸賞 2017年 06月 04日 懸賞

『主の責任、私たちの責任』

【Ⅰ歴代14:13 ところがペリシテ人は、なおもまたその谷間に突入して来た。14:14 そこで、ダビデがさらに神に伺ったところ、神は彼に仰せられた。「彼らを追って上って行くな。彼らには面と向かわず、回って行き、バルサム樹の林の前から彼らに向かえ。14:15 バルサム樹の林の上から行進の音が聞こえたら、そのとき、あなたは戦いに行け。神はすでに、ペリシテ人の陣営を打つために、あなたより先に出ているから。」14:16 ダビデは、神が彼に命じたとおりにし、彼らはギブオンからゲゼルまでのペリシテ人の陣営を打った。14:17 こうして、ダビデの名声はあまねく全地に及んだ。【主】はすべての国々に、彼に対する恐怖を起こされた。】

①ダビデはいつも主に伺いながら、戦いに出かけました。
そして主もダビデに様々な導きを与えられたのです。

②今回の戦いは、先回の戦いと方法が違っていました。
ダビデはその違いを、しっかりと聞き、忠実に従い、大勝利を得たのです。

・・・「主が共にいて下さる戦い」では、
大切なことは「しっかりと主の導きを聞き分けること」です。
主は「主の責任」を果たされます。
私たちも「私たちの責任」を果たさなければなりません。

主と私たちの共同作戦によって、勝利が与えられるのです。




『最も必要なもの、良いもの』

【ルカ11:9 わたしは、あなたがたに言います。求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。・・・
11:13 してみると、あなたがたも、悪い者ではあっても、自分の子どもには良い物を与えることを知っているのです。とすれば、なおのこと、天の父が、求める人たちに、どうして聖霊を下さらないことがありましょう。】

①イエス様は、求め続けなさい。と言われました。
そうすれば、天の父は「最も良いもの」として、
「聖霊」を与えて下さる、と約束されたのです。

②イエス様が語られた最も良いものとは「聖霊」のことです。
なぜなら「聖霊」の働きによって「イエス様が身近に感じられ」
私たちは、「イエス様と一緒」に生活できるからです。
イエス様が共にいて下されば「怖くはありません」。

③ペンテコステ以降の弟子たちは、大胆にイエス様のことを証ができるように、
「聖霊の満たし(バプテスマ)」を受けました(使徒1:8)。

聖霊の力により、
私たちは、キリストのの証人
(イエス様によって与えられた恵みを証する人)
となるのです。





20170604


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-06-04 04:48 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/24330693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 6月5日1歴代17-19 ルカ...   6月3日1歴代11-13章 ル... >>