6月1日1歴代7-8章 ルカ9:37-62

懸賞 2017年 06月 01日 懸賞

『悲劇の後の祝福』

【Ⅰ歴代7:23 その後、エフライムは、妻のところに入った。彼女はみごもって男の子を産んだ。彼はその子をベリアと名づけた。その家がわざわいのさなかにあったからである。7:24 彼の娘はシェエラであった。彼女は上および下ベテ・ホロン、およびウゼン・シェエラを建てた。7:25 彼の子はレファフ、レシェフ。その子はテラフ、その子はタハン、7:26 その子はラダン、その子はアミフデ、その子はエリシャマ、7:27 その子はヌン、その子はヨシュア。】

①ヤコブの子、エフライムは、子供たちが殺されるという悲劇を経験しました。
しかしその後与えられた子供ベリア(リアは災いの意)の子孫が、
ヌンのヨシュアであり、
彼は、モーセの後継者になった人物なのです。

②悲劇が、悲劇で終わらないのが聖書の示す歴史です。
私たちは主を信じていても、様々なところを通りますが、
主は苦しみの後に、素晴らしい「信仰の栄誉」に導かれるのです。




『小さなものが一番偉い』

【ルカ9:46 さて、弟子たちの間に、自分たちの中で、だれが一番偉いかという議論が持ち上がった。
9:47しかしイエスは、彼らの心の中の考えを知っておられて、ひとりの子どもの手を取り、自分のそばに立たせ、 9:48 彼らに言われた。「だれでも、このような子どもを、わたしの名のゆえに受け入れる者は、わたしを受け入れる者です。また、わたしを受け入れる者は、わたしを遣わされた方を受け入れる者です。あなたがたすべての中で一番小さい者が一番偉いのです。」】

①イエス様は、「一番小さなものが一番偉い」と言われました。
並行ヵ所としてマタイを見ると
【マタイ18:4 だから、この子どものように、自分を低くする者が、天の御国で一番偉い人です。】
と記録されています。

子供は素直で、知らないことは知らないと言える潔さを持っています。

・・・私たちは「主に対して」素直に対応しましょう。
できることはできる、できないことはできないとして、
主には「素直に求める」のです。

自分を偉く振舞ったり、
自分のプライドに執着することは、
主に喜ばれることではないのです。







20170601


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-06-01 05:44 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/24300866
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 6月2日1歴代9-10章 ルカ...   5月31日1歴代5-6章 ルカ... >>