5月11日1列王7-8章 ヤコブ3:14-4:12

懸賞 2017年 05月 11日 懸賞

『主の御臨在を見上げて祈る』

【Ⅰ列王8:1 そのとき、ソロモンはイスラエルの長老たち、およびイスラエル人の部族のかしらたちと一族の長たちをすべて、エルサレムのソロモン王のもとに召集した。・・・
8:10 祭司たちが聖所から出て来たとき、雲が【主】の宮に満ちた。8:11 祭司たちは、その雲にさえぎられ、そこに立って仕えることができなかった。【主】の栄光が【主】の宮に満ちたからである。・・・
8:30 あなたのしもべとあなたの民イスラエルが、この所に向かってささげる願いを聞いてください。あなたご自身が、あなたのお住まいになる所、天にいまして、これを聞いてください。聞いて、お赦しください。・・・】

①ソロモン王は、神殿が完成し、神の箱を神殿に運びました。
すると主の臨在を現わす雲が宮に満ちたのです。

そしてソロモンは、主の臨在に向かい、心から祈ったのです。

②祈りは「主の対して語りかけ」です。
「自分の心の中だけの呟き」や、「空に向かって叫ぶ」のではありません。
祈る対象がいて、祈りが成立するのです。
(相手がいないのにしゃべり続けることがおかしいのと同じです)

ソロモンは、主に対して「心から祈り」ました。
そして後に主はその祈りの応えて下さるのです。

・・・主の御臨在を見上げて祈りましょう。
あなたの祈りが主の届いていることを実感しながら、祈るのです。




『神に近づく方法』

【ヤコブ4:6 しかし、神は、さらに豊かな恵みを与えてくださいます。ですから、こう言われています。「神は、高ぶる者を退け、へりくだる者に恵みをお授けになる。」4:7 ですから、神に従いなさい。そして、悪魔に立ち向かいなさい。そうすれば、悪魔はあなたがたから逃げ去ります。4:8 神に近づきなさい。そうすれば、神はあなたがたに近づいてくださいます。罪ある人たち。手を洗いきよめなさい。二心の人たち。心を清くしなさい。4:9 あなたがたは、苦しみなさい。悲しみなさい。泣きなさい。あなたがたの笑いを悲しみに、喜びを憂いに変えなさい。4:10 主の御前でへりくだりなさい。そうすれば、主があなたがたを高くしてくださいます。】

①ヤコブは、「神に近づく方法」が「へりくだり」であると明確に書き記しています。
②神に近づこうとするものを「悪魔は邪魔」します。
悪魔は、神を信じる者を破滅させようと考えています。
して「プライドや高慢(へりくだりの真逆)」で、
互いに破壊させようと画策するのです。

ですから、まず「へりくだって、神に従い」
その神様の力によって、悪魔に「立ち向かう」のです。

・・・「へりくだり」これが一番の神に近づく方法です。
そして「プライドを捨て去る」ために、「苦しみや悲しみ」が用いられるのです。






20170511


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-05-11 05:21 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/24164574
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 5月12日1列王9章 ヤコブ4...   5月10日Ⅰ列王記4-6章 ヤ... >>