5月3日2サムエル15-17章 1ペテロ3章

懸賞 2017年 05月 03日 懸賞

『解決の唯一の道』

【Ⅱサム15:25 王はツァドクに言った。「神の箱を町に戻しなさい。もし、私が【主】の恵みをいただくことができれば、主は、私を連れ戻し、神の箱とその住まいとを見せてくださろう。15:26 もし主が、『あなたはわたしの心にかなわない』と言われるなら、どうか、この私に主が良いと思われることをしてくださるように。」】

①ダビデ王は、自分の息子のアブシャロムによって、謀反を起こされ、
エルサレムから逃げなければならなくなりました。
今までの立場も名声も地位も、すべてを失い、
一部の人からのろいの言葉をかけられたたのです。

将来のビジョンも希望もない状況でした。

②しかしダビデは、主を信じ、委ねていました。
彼が今までしていた「主への忠実さ」を、主が認めて下さるなら、
きっと帰ることが出来ると信じたのです。

・・・人間的に絶望する時、主は「上よりの信仰」を与えて下さるのです。
その信仰を「受け取る」時、
最悪な中でも「希望を持つこと」ができるのです。

主はこの後、ダビデに「主よりの知恵」を与えられ、危機的な状況を回避しました。
そして短期間で、王としてエルサレムに帰ることが出来たのです。

・・・主から与えられる「信仰」と「知恵」をしっかり受け取りましょう。
それら受け取ることが「解決の唯一の道」だからです。




『どんな人にも祝福の祈りをする大切さ』

【Ⅰペテ3:8 最後に申します。あなたがたはみな、心を一つにし、同情し合い、兄弟愛を示し、あわれみ深く、謙遜でありなさい。3:9 悪をもって悪に報いず、侮辱をもって侮辱に報いず、かえって祝福を与えなさい。あなたがたは祝福を受け継ぐために召されたのだからです。・・・】

①主は私たちに、人を呪わずに「祝福するように」命じられました。
悪や侮辱に対しても「祝福をすること」で応対するようにと言われたのです。

これはなぜでしょうか。

人間的にはどうして悪を返すことは。いけないのでしょうか。

②「祝福を与える」と神様からの「祝福を受け取ること」が出来ます。
反対に呪いの言葉をかけると「受けるべき祝福」を曇らせてしまい、
受け取れなくなるのです。

・・・あなたの心をいつも「神様の祝福を受け取りやすい状況」に保ち続けましょう。
人のせいにしたり、仕返しを考えたりする心では、心が濁ってしまうだけなのです。
(「神様の願い」が分からなくなってしまいます)






20170503


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-05-03 05:05 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/24142241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 5月4日2サムエル18-19章...   5月2日2サムエル12-14章... >>