4月29日2サムエル4-6章 マルコ16章

懸賞 2017年 04月 29日 懸賞

『主を愛する者は、誤解を恐れなくなる』

【Ⅱサム6:13 【主】の箱をかつぐ者たちが六歩進んだとき、ダビデは肥えた牛をいけにえとしてささげた。6:14ダビデは、【主】の前で、力の限り踊った。ダビデは亜麻布のエポデをまとっていた。6:15 ダビデとイスラエルの全家は、歓声をあげ、角笛を鳴らして、【主】の箱を運び上った。6:16 【主】の箱はダビデの町に入った。サウルの娘ミカルは窓から見おろし、ダビデ王が【主】の前ではねたり踊ったりしているのを見て、心の中で彼をさげすんだ。・・・】

①ダビデは、全イスラエルの王となり、エルサレムを獲得しました。
そして主の箱を迎えたいと考え、ようやく迎えることが出来たのです。

②ダビデは心から喜び、エポテの姿で、力の限りおどったのです。
ダビデは、主の箱を迎えることを「心から喜んでいた」ので、
「人からどう見られよう」ということは考えませんでした。

・・・主を愛し、喜ぶ心が増し加わると「人からの誤解や悪い評価」が過剰に気にならなくなります。
自分を愛し、祝福して下さる「主が喜んで下されば」、それだけで満足するのです。

人間は「あなたは高価で貴い」という主からの「絶対的な支え」が必要です。
それがあると「人から認められたい」という様々な束縛から「解放される」のです。




『不十分な者を用いて下さる主』

【マルコ16:14 しかしそれから後になって、イエスは、その十一人が食卓に着いているところに現れて、彼らの不信仰とかたくなな心をお責めになった。それは、彼らが、よみがえられたイエスを見た人たちの言うところを信じなかったからである。16:15 それから、イエスは彼らにこう言われた。「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。16:16 信じてバプテスマを受ける者は、救われます。・・・」】

①イエス様は、復活後、弟子たちのところに現れ、ご自分が生きていることを明らかにされました。
そして弟子たちの不信仰を指摘されたのです。

②彼らは、マグダラのマリヤの証を信じず、エマオに向かった弟子たちの証を信じず、
かつてイエス様が「十字架と復活」を話していたことさえも信じていませんでした。

③しかし主は、そのような弟子たちを用いて
「イエス様の福音」を語り伝えるように、計画されていたのです。

・・・主は「不十分に思える者たち」を用いて、大きな働きに遣わされたのです。
私たちも「同じ主に仕える者」として「期待」しようではありませんか。

私たちが「不十分」でも、主は私たちを用い、使われるのです。






20170429


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-04-29 05:13 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/24130259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 4月30日2サムエル7-8章 ユダ1   4月28日2サムエル1-3章 ... >>