4月20日1サムエル11-13章 マルコ11:1-26

懸賞 2017年 04月 20日 懸賞

『失敗の後、益々主に仕える大切さ』

【Ⅰサム12:19 民はみな、サムエルに言った。「あなたのしもべどものために、あなたの神、【主】に祈り、私たちが死なないようにしてください。私たちのあらゆる罪の上に、王を求めるという悪を加えたからです。」12:20 サムエルは民に言った。「恐れてはならない。あなたがたは、このすべての悪を行った。しかし【主】に従い、わきにそれず、心を尽くして【主】に仕えなさい。12:21 役にも立たず、救い出すこともできないむなしいものに従って、わきへそれてはならない。それはむなしいものだ。」】

①サムエルは、王を求めて罪を犯した、民に対して「ますます主に仕えなさい」と命じたのです。
自分の犯したことを「嘆く」よりも、
悔い改めて「主を一番にする」ほうが、大切なのです。

②「情欲。悪い欲、むさぼり(コロサイ3章)」の偶像礼拝で、自分を誤魔化してはいけません。
13章にはサウル王の誤魔化しが書かれています。
彼はその結果、「王の祝福」を無くしてしまったのです。




『主がお入り用なのです』

【マルコ11:2 言われた。「向こうの村へ行きなさい。村に入るとすぐ、まだだれも乗ったことのない、ろばの子が、つないであるのに気がつくでしょう。それをほどいて、引いて来なさい。11:3 もし、『なぜそんなことをするのか』と言う人があったら、『主がお入用なのです。すぐに、またここに送り返されます』と言いなさい。」】

①イエス様は、聖書の預言の通りにエルサレムに入場するために「ロバの子」を求めました。
そして必要が満たされたのです。

②「主がお入用です」と言われた時に、
素直に委ねることが出来る人は幸いです。

主が用いて下されば「私たちの持つ価値」を、
何十倍も活用して下さるのです。YccFuji







20170420


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-04-20 05:33 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/24105618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 4月21日1サムエル14-15...   4月19日1サムエル8-10 ... >>