4月19日1サムエル8-10 マルコ10:32-52

懸賞 2017年 04月 19日 懸賞

『主の許容によって』

【Ⅰサム8:6 彼らが、「私たちをさばく王を与えてください」と言ったとき、そのことばはサムエルの気に入らなかった。そこでサムエルは【主】に祈った。8:7 【主】はサムエルに仰せられた。「この民があなたに言うとおりに、民の声を聞き入れよ。それはあなたを退けたのではなく、彼らを治めているこのわたしを退けたのであるから。・・・
8:21 サムエルは、この民の言うことすべてを聞いて、それを【主】の耳に入れた。8:22 【主】はサムエルに仰せられた。「彼らの言うことを聞き、彼らにひとりの王を立てよ。」そこで、サムエルはイスラエルの人々に、「おのおの自分の町に帰りなさい」と言った。】

①民が「王が欲しい」を言った時、それは「本当の主の御心」ではありませんでした。
しかし主は民の願いを「許容」され、主の計画を進められたのです。

②主は「ご意思」を持っておられます。
しかし人間の要求を聞き、方法を変えられること(許容されること)があるのです。

・・・物事がうまくいったから「すべて主の御心」ではありません。
主の「大きな配慮」で物事が通ることがあるのです。
「わがまま」を押し続けてはいけません。
私たちは、気がつく度に「主の願い」を選び取る姿勢が大切なのです。




『人に仕える生き方』

【マル10:43 しかし、あなたがたの間では、そうでありません。あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、みなに仕える者になりなさい。10:44 あなたがたの間で人の先に立ちたいと思う者は、みなのしもべになりなさい。10:45 人の子が来たのも、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、また、多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるためなのです。】

①イエス様は、「人の先に立つ者」は、「人に仕える者」だと言われました。
そしてご自身が「人間の罪の代価」のため「ご自分の命」を与えるために来たと言われたのです。

②私たちは、「人に仕える者」となりましょう。
そうすれば。あなたに周りには人々が集まり、
あなたに助けを求めるようになるのです。

「ほめてもらったり、仕えてもらうこと」を要求し続けることは、
主の生き方ではないのです。





20170419


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-04-19 05:16 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/24101132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 4月20日1サムエル11-13...   4月18日1サムエル3-7章 ... >>