4月14日士師記17-18章 マルコ8:14-26

懸賞 2017年 04月 14日 懸賞

『罪と赦し』

【士17:4 しかし彼は母にその銀を返した。そこで母は銀二百枚を取って、それを銀細工人に与えた。すると、彼はそれで彫像と鋳像を造った。それがミカの家にあった。17:5 このミカという人は神の宮を持っていた。それで彼はエポデとテラフィムを作り、その息子のひとりを任命して、自分の祭司としていた。17:6 そのころ、イスラエルには王がなく、めいめいが自分の目に正しいと見えることを行っていた。・・・】

①この時代は、それぞれが「自分の目に正しい」と思うことを行い、
「神の目に悪」となることをし続けていました。
自分の目に正しいことを行う人は、
神の御言葉によって示されたことでさえも「憤慨する」のです。

「神の基準」を無視する人々は、
その生涯に「霊的」「道徳的」「社会的」混乱を
「自分だけ」でなく、「周りに人々」にも与えるのです。

・・・今日は受難日です。
イエス様が私たちの罪のため「十字架にかかられた日」です。
私たちは「自分の罪」を悔い改め、
「イエス様にあって」「主に赦され」「主に従う者」として生きていくことを願うのです。



『一瞬の癒しと時間がかかる癒し』

【マルコ8:24 すると彼は、見えるようになって、「人が見えます。木のようですが、歩いているのが見えます」と言った。8:25 それから、イエスはもう一度彼の両目に両手を当てられた。そして、彼が見つめていると、すっかり直り、すべてのものがはっきり見えるようになった。】

①イエス様の奇跡は、一瞬で起こることもありますが、徐々に起きることもあるのです。
今朝の個所は、後者のケースです。

②イエス様の十字架によって「罪赦され」「病が癒される奇跡」を私たちは頂いています。
罪の赦しは一瞬ですが、罪からの解放や、心や体の癒しは、時間のかかることもあるのです。

・・・イエス様の十字架の恵みは「完全であり」「絶対」です。
しかしその恵みを完全に受け取るには「信仰を持ち続ける必要」があるのです。YccFuji







20170414


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-04-14 00:47 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/24087368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 4月15日士師記19-21章 ...   4月13日士師記14-16章 ... >>