4月12日士師記12-13章 マルコ7:1-23

懸賞 2017年 04月 12日 懸賞

『主の約束に備える大切さ』

【士 13:24 その後、この女は男の子を産み、その名をサムソンと呼んだ。その子は大きくなり、【主】は彼を祝福された。13:25 そして、【主】の霊は、ツォルアとエシュタオルとの間のマハネ・ダンで彼を揺り動かし始めた。】

①主は、子供が与えられなかった両親から、サムソンを誕生させました。
サムソンを通じて、ペリシテ人から救い出すためでした。
②しかしその誕生までに主が命じた準備は「聖い状態でいるように」という命令だったのです(13:4)。
・・・主の計画を実行するためには「聖く備える」必要があるのです。
能力があっても、「神の喜ぶことを忘れ」、「自分のわがままに生きる」ようになると、
「祝福を落とす」ことがあり得るからです。
これが後にサムソンの人生を象徴しているのです。



『自分や人を汚すもの』

【マルコ 7:20 また言われた。「人から出るもの、これが、人を汚すのです。7:21 内側から、すなわち、人の心から出て来るものは、悪い考え、不品行、盗み、殺人、7:22 姦淫、貪欲、よこしま、欺き、好色、ねたみ、そしり、高ぶり、愚かさであり、7:23 これらの悪はみな、内側から出て、人を汚すのです。」】

①イエス様は、食べ物が人を汚すのではなく、人の心から出るものが人を汚す、とはっきりと言われました。
②神様の聖さに反する心は「人を汚す」のです。

自分こころの聖さに対して「敏感」になりましょう。
汚れたものを蒔くことが無いように努めましょう。
汚れに気がつく度に、イエス様の十字架に告白して、聖めて頂くのです。
この受難週は特に、「自分のこころの状態」に注目してみましょう。YccFuji





20170412


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-04-12 05:25 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/24082012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 4月13日士師記14-16章 ...   4月11日士師記10-11章 ... >>