4月6日士師記1-2章 マルコ4:1-20

懸賞 2017年 04月 06日 懸賞

『主の御声を聞く者』

【士2:18 【主】が彼らのためにさばきつかさを起こされる場合は、【主】はさばきつかさとともにおられ、そのさばきつかさの生きている間は、敵の手から彼らを救われた。これは、圧迫し、苦しめる者のために彼らがうめいたので、【主】があわれまれたからである。2:19 しかし、さばきつかさが死ぬと、彼らはいつも逆戻りして、先祖たちよりも、いっそう堕落して、ほかの神々に従い、それに仕え、それを拝んだ。彼らはその行いや、頑迷な生き方を捨てなかった。】

①イスラエルの民は、ヨシュアや主の奇跡を体験した世代の死後、
主に対して悪を行い、ほかの神々に仕えました。
②その結果、悪いことが起こり、
民が「主に向かって救いを叫ぶ」と、
主は「裁きつかさ」を起こして、民を救ったのです。
③しかしその「裁きつかさ」が死ぬと、また悪に戻ってしまったのです。

・・・現在は新約の時代であり、「聖霊が共におられる」時代です。
私たちは、いつも「聖霊の導き」を聞き続ける必要があるのです。
もしその御声を聞かなければ、簡単に「悪に走ってしまう」のです。
私たちは、「主の御声」を聞き
「ヨシュア」や「裁きつかさ」の立場に立とうではありませんか。
流される民は「神を悲しませる」ことになりますから。



『み言葉の意味を知るために』

【マルコ4:8 「また、別の種が良い地に落ちた。すると芽ばえ、育って、実を結び、三十倍、六十倍、百倍になった。」4:9 そしてイエスは言われた。「聞く耳のある者は聞きなさい。」4:10 さて、イエスだけになったとき、いつもつき従っている人たちが、十二弟子とともに、これらのたとえのことを尋ねた。4:11 そこで、イエスは言われた。「あなたがたには、神の国の奥義が知らされているが、ほかの人たちには、すべてがたとえで言われるのです。」】

①イエス様は「種まきのたとえ」を通じて、
弟子たちに「み言葉を良い心で聞く大切さ」を語りました。

②しかし弟子たちは「その意味」が分からず
「イエス様に質問」して、教えて頂いたのです。

・・・今の時代は「聖霊」によって、「み言葉の意味」を理解することが出来ます(ヨハネ16章)。
それは聖書通読やクリスチャン書籍、教会の学びの中で「聖霊が働かれる」ことを通じて理解できるのです。
また直接「聖霊によって」教えられることもあります。

・・・み言葉は「聞く耳」を持たなければ「理解できません」。
私たちは「主に求め」「聖霊の助けを頂く」ことによって真理を理解していきましょう。YccFuji







20170406


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-04-06 12:03 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/24056238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 4月7日士師記3-4章 マルコ...   4月5日ヨシュア23-24章 ... >>