4月3日ヨシュア16-19章 マルコ2:1-22

懸賞 2017年 04月 03日 懸賞

『恵みを当たり前に受け取らない』

【ヨシュア17:14 ヨセフ族はヨシュアに告げて言った。「【主】が今まで私を祝福されたので、私は数の多い民になりました。あなたはなぜ、私にただ一つのくじによる相続地、ただ一つの割り当て地しか分けてくださらなかったのですか。」17:15 ヨシュアは彼らに言った。「もしもあなたが数の多い民であるなら、ペリジ人やレファイム人の地の森に上って行って、そこを自分で切り開くがよい。エフライムの山地は、あなたには狭すぎるのだから。」17:16 ヨセフ族は答えた。「山地は私どもには十分ではありません。それに、谷間の地に住んでいるカナン人も、ベテ・シェアンとそれに属する村落にいる者も、イズレエルの谷にいる者もみな、鉄の戦車を持っています。」・・・】

①カナンの地の分割で、ヨセフ族は文句を言いました。
自分たちは大人数だから「もっと多くの土地が欲しい」と要求したのです。

②しかしヨシュアの答えは「大人数で強い」ならば「残された山地」を切り開くべきである、というものでした。

③ヨセフ族は、与えられたものは「当たり前」であり、当然もっと多くのものがもらえるはずだ、と考えました。
ここに罪があるのです。
頂いた土地は「当たり前」ではなく「恵み」によるものなのです。
それをしっかり受け止めるならば、発言が変わっていくのです。



『赦しの宣言』

【マルコ 2:3 そのとき、ひとりの中風の人が四人の人にかつがれて、みもとに連れて来られた。2:4 群衆のためにイエスに近づくことができなかったので、その人々はイエスのおられるあたりの屋根をはがし、穴をあけて、中風の人を寝かせたままその床をつり降ろした。2:5 イエスは彼らの信仰を見て、中風の人に、「子よ。あなたの罪は赦されました」と言われた。・・・
2:10 「人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを、あなたがたに知らせるために。」こう言ってから、中風の人に、2:11 「あなたに言う。起きなさい。寝床をたたんで、家に帰りなさい」と言われた。】

①イエス様は、中風の人の友人の信仰を見て「罪の赦しの宣言」をされました。
イエス様は「その権威」を持っておられるからです。

②私たちにも残念ながら「罪」があります。
それも「隠れた罪」があるのです。
しかしイエス様はその罪も「赦す権威」を持っておられるのです。

③「赦されて」はじめて「自由」になり「解放」されます。
私たちは「赦しを宣言」して頂く必要があるのです。YccFuji






20170403


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-04-03 06:00 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/24047876
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 4月4日ヨシュア20-22章 ...   4月2日ヨシュア13-15章 ... >>