3月30日ヨシュア5-6章 使徒28:1-16

懸賞 2017年 03月 30日 懸賞

『主の奇跡を見るタイミング』

【ヨシ6:16 その七度目に祭司たちが角笛を吹いたとき、ヨシュアは民に言った。「ときの声をあげなさい。【主】がこの町をあなたがたに与えてくださったからだ。・・・
6:20 そこで、民はときの声をあげ、祭司たちは角笛を吹き鳴らした。民が角笛の音を聞いて、大声でときの声をあげるや、城壁がくずれ落ちた。そこで民はひとり残らず、まっすぐ町へ上って行き、その町を攻め取った。】

①主は、イスラエルの民に「エリコの町を与える(6:2)」と言われました。
そして具体的な命令と指示を出したのです。

6日間は、何も起こりませんでした。
また7日目には6日間と違ったことをするように命じられました。
そしてその命令通りに従った民は「神の奇跡(エリコの陥落)」を見たのです。

・・・私たちは「神の導き通り」に生きることが大切です。
特に、人間的には不可能な状況下にある時には、「主に導き」しか脱出の道がありません。
そして「求め、従い続ける時」に「あなたの信仰」が大きく成長するのです。



『主の言われた言葉の実現』

【使28:1 こうして救われてから、私たちは、ここがマルタと呼ばれる島であることを知った。・・・28:3 パウロがひとかかえの柴をたばねて火にくべると、熱気のために、一匹のまむしがはい出して来て、彼の手に取りついた。・・・28:5 しかし、パウロは、その生き物を火の中に振り落として、何の害も受けなかった。28:6 島の人々は、彼が今にも、はれ上がって来るか、または、倒れて急死するだろうと待っていた。しかし、いくら待っても、彼に少しも変わった様子が見えないので、彼らは考えを変えて、「この人は神さまだ」と言いだした。・・・
28:16 私たちがローマに入ると、パウロは番兵付きで自分だけの家に住むことが許された。】

①パウロは船が難破をしましたが、マルタ島に漂着しました。
主は、パウロを「毒蛇から守り」、「人々を癒す中」で、島の人々はパウロたちを助けてくれたのです。
そして無事にローマ行の船に乗り、ローマに到着できたのです。

②問題が起こる中でも、主は不思議な方法で「パウロを助けた」のです。
主は、今も働いておられます。
その主の導きを受けるならば、「あなたも助けられる」のです。YccFuji







20170330


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-03-30 05:35 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/24030929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3月31日ヨシュア記7-9章 ...   3月29日ヨシュア3-4章 使... >>