3月29日ヨシュア3-4章 使徒27:27-44

懸賞 2017年 03月 29日 懸賞

『主の語り掛けによって前進する』

【ヨシュア3:15 箱をかつぐ者がヨルダン川まで来て、箱をかつぐ祭司たちの足が水ぎわに浸ったとき、─ヨルダン川は刈り入れの間中、岸いっぱいにあふれるのだが─3:16 上から流れ下る水はつっ立って、はるかかなたのツァレタンのそばにある町アダムのところで、せきをなして立ち、アラバの海、すなわち塩の海のほうに流れ下る水は完全にせきとめられた。民はエリコに面するところを渡った。3:17 【主】の契約の箱をかつぐ祭司たちがヨルダン川の真ん中のかわいた地にしっかりと立つうちに、イスラエル全体は、かわいた地を通り、ついに民はすべてヨルダン川を渡り終わった。】

①ヨシュアは、約束の地カナンに入る時、
「ヨルダン川の中に立つように(3:8)」という主の命令を聞き、従いました。
すると「水がせき止められ」
彼らは奇跡の中で、ヨルダン川を渡り終えることが出来たのです。

②人間的に先が見えない中でも、主は「命令」をされる時があります。
その命令に「信仰によって」従う時に、主は不思議な道を開かれるのです。

あなたは主の語り掛けを受け止めていますか。
その語りかけが、「本当の神の言葉」である時に、
問題を乗り越えることが出来るのです。



『主の言葉によって、備える』

【使27:34 ですから、私はあなたがたに、食事をとることを勧めます。これであなたがたは助かることになるのです。あなたがたの頭から髪一筋も失われることはありません。」27:35 こう言って、彼はパンを取り、一同の前で神に感謝をささげてから、それを裂いて食べ始めた。27:36 そこで一同も元気づけられ、みなが食事をとった。27:37 船にいた私たちは全部で二百七十六人であった。・・・
27:44 それから残りの者は、板切れや、その他の、船にある物につかまって行くように命じた。こうして、彼らはみな、無事に陸に上がった。】

①パウロは、主より「船に乗っている者は全て助かる」という言葉を頂いていました。
そのため、その約束の言葉に備えて「食事をして準備をするように」パウロは考えたのです。

②「準備をすること」は非常に大切です。
もし先のことが分かっているならば、「必要な準備」をすることが出来るのです。
神様は私たちが「先が見えるヒント」を与えて下さいます。
そのヒントに知恵深く対応し、私たちは「備えること」が大切なのです。YccFuji







20170329



[PR]

by Happiness-eachday | 2017-03-29 09:28 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/24029372
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3月30日ヨシュア5-6章 使...   3月28日ヨシュア1-2章 使... >>