3月25日申命記29-30章 使徒25:13-26:1

懸賞 2017年 03月 25日 懸賞

『み言葉に従う祝福』

30:11 まことに、私が、きょう、あなたに命じるこの命令は、あなたにとってむずかしすぎるものではなく、遠くかけ離れたものでもない。30:12 これは天にあるのではないから、「だれが、私たちのために天に上り、それを取って来て、私たちに聞かせて行わせようとするのか」と言わなくてもよい。
30:13 また、これは海のかなたにあるのではないから、「だれが、私たちのために海のかなたに渡り、それを取って来て、私たちに聞かせて行わせようとするのか」と言わなくてもよい。30:14 まことに、みことばは、あなたのごく身近にあり、あなたの口にあり、あなたの心にあって、あなたはこれを行うことができる。】

①主は、み言葉に従うことは、難しいことではない、と言われます。
それは「心の中にある御言葉」に正直に従うかどうか、の決断にかかっているのです。
言い訳をしたり理屈をつけたり、するならば、み言葉には従えません。

しかし聖霊の助けの中(聖霊が働かなければできないことです)、
自分の心に語られるみ言葉を選び取るのです。
自分の名誉やプライドよりも「み言葉を選ぶ」のです。
(神様はそのようにせざるを得ない環境を与えられることが多くあります)

み言葉はすでに語られています。
後はそれを「神の言葉」としてどれだけ重要視し、
「従うべき言葉」としているかだけなのです。



『逆境の中での、証の言葉』

【使25:23 こういうわけで、翌日、アグリッパとベルニケは、大いに威儀を整えて到着し、千人隊長たちや市の首脳者たちにつき添われて講堂に入った。そのとき、フェストの命令によってパウロが連れて来られた。・・・
26:1 すると、アグリッパがパウロに、「あなたは、自分の言い分を申し述べてよろしい」と言った。そこでパウロは、手を差し伸べて弁明し始めた。】

①パウロは、聖書に精通しているアグリッパ王に、自分の信仰と立場を弁明する機会を得ました。
そしてこの後大胆に証をして、アグリッパ王の心に影響を与えたのです。
(真理の言葉が語られました)

パウロはどんな場面でも、聖霊に導かれて「大胆に証」をしました。
置かれている環境や状況が問題ではないのです。
主が語るように導かれたならば、素直に「自分の証」を語るべきです。

・・・しかしそのためには準備が必要です。
祈り満たされ、み言葉を心の中に蓄えておく必要があるのです。

あなたは準備ができていますか。
そのために祈りましょう。
聖霊が働かれると、あなたも「主の働き」に用いられていくのです。YccFuji








20170325



[PR]

by Happiness-eachday | 2017-03-25 05:20 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/24016171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3月26日申命記31-32 使...   3月24日申命記28章 使徒2... >>