3月10日民数記27-28章 使徒16:16-40

懸賞 2017年 03月 10日 懸賞

『後継者の選び』
【民27:12 ついで【主】はモーセに言われた。「このアバリム山に登り、わたしがイスラエル人に与えた地を見よ。27:13 それを見れば、あなたもまた、あなたの兄弟アロンが加えられたように、あなたの民に加えられる。・・・
27:18 【主】はモーセに仰せられた。「あなたは神の霊の宿っている人、ヌンの子ヨシュアを取り、あなたの手を彼の上に置け。27:19 彼を祭司エルアザルと全会衆の前に立たせ、彼らの見ているところで彼を任命せよ。」】

①主は、モーセの後継者としてヨシュアを選ばれました。
地上での使命は、いつかは終わりの時が来ます。
そして私たちは、天国へと帰っていくのです。

②しかしながら地上では、新天新地がやって来るまで、使命は継続するのです。
ですから主は、「ある種類の使命」を次の世代に受け継がせるのです。

・・・あなたは地上でどのような使命を持っていますか。
その使命は次の人に渡すべき種類のものでしょうか。
地上だけを考えたら、釣り合わないように思えても、
永遠の天国を視野に入れる時、「十分な報い」が与えられるのです。


『賛美の力』
【使16:25 真夜中ごろ、パウロとシラスが神に祈りつつ賛美の歌を歌っていると、ほかの囚人たちも聞き入っていた。 16:26 ところが突然、大地震が起こって、獄舎の土台が揺れ動き、たちまちとびらが全部あいて、みなの鎖が解けてしまった。・・・
16:30 そして、(看守は)ふたりを外に連れ出して「先生がた。救われるためには、何をしなければなりませんか」と言った。16:31 ふたりは、「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます」と言った。16:32 そして、彼とその家の者全部に主のことばを語った。】

①パウロとシラスは、騒動に巻き込まれ、一方的に鞭打たれ、牢獄に監禁されました。
このひどい仕打ちの中で、彼らは「賛美」を【主】に捧げたのです。

「賛美には力」があります。
なぜなら【主】は「賛美の中に住まわれる」からです。

②その結果、主の力が解き放たれ、看守とその家族が救われたのです。
そして有名な16:31の御言葉が与えられました。

・・・厳しい中でも、「感謝と賛美」を捧げましょう。
主はそこから働かれるのです。
そして約束を伴う
「あなた」と「あなたの家族」を救う「計画」を進められるのです。YccFuji









20170310
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-03-10 05:53 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/23942521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3月11日民数記29-31章 ...   3月9日民数記24-26章 使... >>