3月6日民数記18-19章 使徒14章

懸賞 2017年 03月 06日 懸賞

『聖めの力』
【民19:19 身のきよい人が、それを汚れた者に三日目と七日目に振りかければ、その者は七日目に、罪をきよめられる。その者は、衣服を洗い、水を浴びる。その者は夕方にはきよくなる。19:20 汚れた者が、罪の身をきよめなければ、その者は集会の中から断ち切られる。その者は【主】の聖所を汚したからである。汚れをきよめる水がその者に振りかけられなかったので、その者は汚れている。】

①赤い牝牛によって作られた「聖めの水」は、
後に与えられたイエス様の十字架の「血による聖め」を表しています。

②この聖めがなければ、私たちは「神の家族の交わり」にも入られないのです。
・・・すでにあなたに与えられている「十字架による赦し(聖め)の恵み」を
もう一度感謝しましょう。

そして感謝を実感した分、主に喜ばれることをしていきましょう。
私たちが、新約の現在、与えられている
「神の子と特権」は、非常に素晴らしいものだからです。


『み言葉のしるし~奇跡を起こせるお方~』
【使14:1 イコニオムでも、ふたりは連れ立ってユダヤ人の会堂に入り、話をすると、ユダヤ人もギリシヤ人も大ぜいの人々が信仰に入った。14:2 しかし、信じようとしないユダヤ人たちは、異邦人たちをそそのかして、兄弟たちに対し悪意を抱かせた。14:3 それでも、ふたりは長らく滞在し、主によって大胆に語った。主は、彼らの手にしるしと不思議なわざを行わせ、御恵みのことばの証明をされた。】

①パウロ一行は、イコニオムでも、
聖霊に満たされて「イエス様の恵み」を語りました。
多くの人が信じ、クリスチャンとなりましたが、
残念ながら「反対し、迫害する者」も起きたのです。

②しかし主は「しるしと不思議なわざ」によって
「み言葉の恵み」を証明されました。

③主は、全能者です。
どんなことでもできるのです。
そのことをもう一度確信しましょう。
主は奇跡を起こそうと思えば、いつでも起こせるお方なのですから。YccFuji






20170306
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-03-06 05:24 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/23916548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3月7日民数記20-21章 使...   3月5日民数記16-17章 使... >>