3月4日民数記14-15章 使徒13:1-12

懸賞 2017年 03月 04日 懸賞

『モーセの祈りを聞かれた主』
【民14:17 どうか今、わが主の大きな力を現してください。あなたは次のように約束されました。
14:18 『【主】は怒るのにおそく、恵み豊かである。咎とそむきを赦すが、罰すべき者は必ず罰して、父の咎を子に報い、三代、四代に及ぼす』と。14:19 あなたがこの民をエジプトから今に至るまで赦してくださったように、どうかこの民の咎をあなたの大きな恵みによって赦してください。」14:20 【主】は仰せられた。「わたしはあなたのことばどおりに赦そう。・・・」】

①カナンの偵察に際し、
12部族中、ヨシアとカレブ以外は、不信仰の判断をしてしまいました。
そして民は、不会信仰になびいたのです。
その結果、主の怒りを受けることとなったのです。

②しかし、モーセが必死にとりなし祈ると、
主は「赦す」と宣言してくださいました。
主は、モーセに祈りを聞かれたのです。

主は私たちの祈りも聞かれます。
(それがどういう結果や方法であっても)。
決して無視することはないのです。


『聖霊による宣教』
【使13:2 彼らが主を礼拝し、断食をしていると、聖霊が、「バルナバとサウロをわたしのために聖別して、わたしが召した任務につかせなさい」と言われた。13:3 そこで彼らは、断食と祈りをして、ふたりの上に手を置いてから、送り出した。13:4 ふたりは聖霊に遣わされて、セルキヤに下り、そこから船でキプロスに渡った。・・・】

①主は、異邦人伝道がなされたアンティオケ教会に、世界宣教の使命を与えました。
そしてバルナバとサウロがそのために選ばれたのです。

②主は、宣教の計画を持っておられます。
そして人を特別に選び、用いられるのです。

・・・あなたにも使命が与えられているのです。
聖霊によって、あなたの使命が明らかになり、
その道を歩むことが出来たならば、幸いなのです。YccFuji







20170304
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-03-04 05:55 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/23903259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3月5日民数記16-17章 使...   3月3日民数記11-13章 使... >>