3月3日民数記11-13章 使徒12章

懸賞 2017年 03月 03日 懸賞

『信仰の目で、前を見る』
【民 13:1 【主】はモーセに告げて仰せられた。13:2 「人々を遣わして、わたしがイスラエル人に与えようとしているカナンの地を探らせよ。父祖の部族ごとにひとりずつ、みな、その族長を遣わさなければならない。」・・・13:27 彼らはモーセに告げて言った。「私たちは、あなたがお遣わしになった地に行きました。そこにはまことに乳と蜜が流れています。そしてこれがそこのくだものです。13:28 しかし、その地に住む民は力強く、その町々は城壁を持ち、非常に大きく、そのうえ、私たちはそこでアナクの子孫を見ました。」・・・ 13:30 そのとき、カレブがモーセの前で、民を静めて言った。「私たちはぜひとも、上って行って、そこを占領しよう。必ずそれができるから。」】

①主が約園された地に行き、偵察を終えた族長たちは、
そこは素晴らしい土地であることを報告しました。

②ヨシュアとカレブ以外は、
その土地の人々は強いので、私たちは攻め取ることが出来ないと報告したのです。
しかしカレブはここで「信仰によって」、攻め取ることが出来ると、報告したのです。

信仰で見える世界と、不信仰で見える世界は、大きく違います。
私たちは、「信仰の目」で前を見たいのです。


『神による奇跡の働き』
【使 12:6 ところでヘロデが彼を引き出そうとしていた日の前夜、ペテロは二本の鎖につながれてふたりの兵士の間で寝ており、戸口には番兵たちが牢を監視していた。12:7 すると突然、主の御使いが現れ、光が牢を照らした。御使いはペテロのわき腹をたたいて彼を起こし、「急いで立ち上がりなさい」と言った。すると、鎖が彼の手から落ちた。・・・】

①迫害が起こる中、ヤコブが殺され、ペテロも捕らえられました。
ペテロもこのままでは、殺されるような状況でした。
そのため教会は、必死にペテロのために祈ったのです。

②すると、不思議なことが起こりました。
み使いが現れ、ペテロを牢から救出したのです。
それはペテロにとっては「幻を見ているような(9節)」出来事でした。
また弟子たちにとっても信じられませんでした(15節)。

祈りの中で、不思議なことが起こることがあります。
それは私たちの理解を遥かに超えた、素晴らしい奇跡なのです。YccFuji







20170303
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-03-03 05:40 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/23897500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3月4日民数記14-15章 使...   3月2日民数記9-10章 使徒... >>