2月27日民数記3-4章 使徒10:1-23

懸賞 2017年 02月 27日 懸賞

人の登録』
【民4:46 モーセとアロンとイスラエルの族長たちが、レビ人を、その氏族ごとに、父祖の家ごとに登録した登録者の全員、4:47 三十歳以上五十歳までの者で会見の天幕で、働く奉仕と、になう奉仕をする者全員、4:48 その登録された者は、八千五百八十人であった。】

①主はレビ人のうち、奉仕ができる年齢の者たちの名前を、すべて登録させました。
それは特別に天幕のための奉仕をさせるためでした。

②奉仕をする上で、誰が奉仕者かを確認することは、大切です。
名前を載せられた者は、責任をもって奉仕をし、
もし落ち度があれば、誰の責任かを確認できるのです。
神への奉仕は非常に大切です。
ですから落ち度がないように備えたのです。


『価値観が変えられる時』
【使10:14 しかしペテロは言った。「主よ。それはできません。私はまだ一度も、きよくない物や汚れた物を食べたことがありません。」10:15 すると、再び声があって、彼にこう言った。「神がきよめた物を、きよくないと言ってはならない。」・・・
10:19 ペテロが幻について思い巡らしているとき、御霊が彼にこう言われた。「見なさい。三人の人があなたをたずねて来ています。10:20 さあ、下に降りて行って、ためらわずに、彼らといっしょに行きなさい。彼らを遣わしたのはわたしです。」】

①主は、異邦人伝道を開始するに当たり、ペテロを用いました。
そして働きをするために、ペテロの価値観を変えられたのです。

②人間は自分の価値観を変えることは、非常に難しいのです。
しかし「主の導きに従いたい」と願う人は、
主の言葉によって「変えられる」のです。

自分の力で自分は変わりません。
ただ主に導かれていく中で(応答する中で)、変えられるのです。YccFuji










20170227
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-02-27 05:27 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/23882716
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 2月28日民数記5-6章 使徒...   2月26日民数記1-2章 使徒... >>