2月17日レビ記11-12章 使徒3章

懸賞 2017年 02月 17日 懸賞

『聖別の教え』
【レビ11:44 わたしはあなたがたの神、【主】であるからだ。あなたがたは自分の身を聖別し、聖なる者となりなさい。わたしが聖であるから。地をはういかなる群生するものによっても、自分自身を汚してはならない。11:45 わたしは、あなたがたの神となるために、あなたがたをエジプトの地から導き出した【主】であるから。あなたがたは聖なる者となりなさい。わたしが聖であるから。」】

①清い(適切な)食べ物と汚れた(不適切な)食べ物に関する教えは、
健康上の理由と共に、
イスラエルが周りの神を敬わない社会の生活習慣を受け入れないための基準として与えられたものです。

②新約聖書では、この食物法にとらわれる必要はないですが、
それは律法の背後にある目的をキリストが成し遂げて下さったからなのです。

③クリスチャンは、自分の身体をもって「神の栄光を現すように」
周りの社会から自分を区別(聖別)することが大切です。
道徳的な汚れから「自分の身」を清く保つ必要があるのです。


『聖霊が働かれる時』
【使3:18 しかし、神は、すべての預言者たちの口を通して、キリストの受難をあらかじめ語っておられたことを、このように実現されました。3:19 そういうわけですから、あなたがたの罪をぬぐい去っていただくために、悔い改めて、神に立ち返りなさい。3:20 それは、主の御前から回復の時が来て、あなたがたのためにメシヤと定められたイエスを、主が遣わしてくださるためなのです。・・・】

①ペンテコステの日に聖霊が下り、
弟子たちは聖霊に満たされて、証をしました。

聖霊が働かれ、癒しが起こり、
語るメッセージに聖霊が働かれて、
人々がイエス様を信じるように変えられたのです。

②聖霊が働かれなければ、人は変えられません。
人間はそれだけ頑固なのです。

しかし聖霊が働き始めると、
人々の心が柔らかくなり、
神を求め、悔い改めへと導かれるのです。
それが回復の時なのです。YccFuji








20170217
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-02-17 05:30 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/23864495
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 2月18日レビ記13-14章 ...   2月16日レビ記9-10章 使... >>