2月14日レビ記6-7章 使徒1章

懸賞 2017年 02月 14日 懸賞

『火を燃やし続ける』
【レビ6:12 祭壇の火はそのまま燃え続けさせ、それを消してはならない。かえって、祭司は朝ごとに、その上にたきぎをくべ、その上に全焼のいけにえを整え、和解のいけにえの脂肪をその上で焼いて煙にしなさい。6:13 火は絶えず祭壇の上で燃え続けさせなければならない。消してはならない。】

①祭司は、全焼のいけにえが一晩中焼けるように、
夜通し灰を取り除き、たきぎを補給して火を消さないようにしないといけませんでした。
そうでなければ、いけにえが焼き尽くされないからでした。

②焼き続くには、「火を消さない努力」をしなければならないのです。
いけにえは、私たちの象徴です。
私たちが、自らを主に、捧げ続けるためにも、
祈りと聖霊の火を消してはいけないのです。

消してしまうならば、生焼けのいけにえとなり、
「主に喜ばれる奉仕」が出来なくなるのです。


『キリストの証人』
【使1:7 イエスは言われた。「いつとか、どんなときとかいうことは、あなたがたは知らなくてもよいのです。それは、父がご自分の権威をもってお定めになっています。1:8 しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」】

①主は、権威をもって時を支配しておられます。
ですから、すべて主の時に物事が起きるのです。

②聖霊が下られる時も、「主の定めた時」があります。
使徒たちに時があったように、私たちにも時があるのです。

・・・時を見分けましょう。(あきらめずに待ち望みましょう)
そして約束の聖霊の力を頂きましょう。
聖霊が働き始めると、今まで起きなかったことが起き始めるのです。
聖霊の力によって、私たちは「キリストの証人」となれるのです。YccFuji







20170214
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-02-14 05:00 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/23858791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 2月15日レビ記8章 使徒2:...   2月13日レビ記4-5章 マタ... >>