2月9日出エジプト36-37章 マタイ26:57-75

懸賞 2017年 02月 09日 懸賞

『主は私たちを用いられる』
【出エジプト36:1 ベツァルエルとオホリアブ、および、聖所の奉仕のすべての仕事をすることのできる知恵と英知を【主】に与えられた、心に知恵のある者はみな、【主】が命じられたすべてのことを成し遂げなければならない。」36:2 モーセは、ベツァルエルとオホリアブ、および、【主】が知恵を授けられた、心に知恵のある者すべて、すなわち感動して、進み出てその仕事をしたいと思う者すべてを、呼び寄せた。36:3 彼らは、聖所の奉仕の仕事をするためにイスラエル人が持って来たすべての奉納物をモーセから受け取った。しかしイスラエル人は、なおも朝ごとに、進んでささげるささげ物を彼のところに持って来た。・・・36:7 手持ちの材料は、すべての仕事をするのに十分であり、あり余るほどであった。】

①主は、「心に知恵を与えた人物たち」を、聖所の奉仕のために用いました。
また「感動して」「主に用いて頂きたい」と願った者たちを用いられたのです。

②モーセ一人だけが働いたのではないのです。
主は、「多くの人々」の奉仕を用いられ、神の業が前進したのです。


『イエス様が選ばれた道』
【マタイ26:63 しかし、イエスは黙っておられた。それで、大祭司はイエスに言った。「私は、生ける神によって、あなたに命じます。あなたは神の子キリストなのか、どうか。その答えを言いなさい。」26:64 イエスは彼に言われた。「あなたの言うとおりです。・・・」】

①イエス様は、不当な裁判を受け、
「神の子キリストか」と問われた時、
「あなたの言う通りです」と答えられました。

②イエス様は、「ご自分が行く道」を「覚悟されていた」のです。
それがどれほどつらい道であったとしても
「受け入れて」すべきことをしていかれたのです。

イエス様の決断を感謝しましょう。
そのことによって私たちに「救いの道」が与えられたのですから。

③またイエス様を模範としていきましょう。
ある状況下では「私たちも覚悟」しなければならない時があるのですから。YccFuji






20170209
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-02-09 01:23 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/23829431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 2月10日出エジプト38-39...   2月8日出エジプト記34-35... >>