1月23日出エジプト3-5章 マタイ15:29-16:12

懸賞 2017年 01月 22日 懸賞

『問題の中に働かれる、主の業』
【出エジプト5:22 それでモーセは【主】のもとに戻り、そして申し上げた。「主よ。なぜあなたはこの民に害をお与えになるのですか。何のために、私を遣わされたのですか。5:23 私がパロのところに行って、あなたの御名によって語ってからこのかた、彼はこの民に害を与えています。それなのにあなたは、あなたの民を少しも救い出そうとはなさいません。」】

①モーセが「主の命令通り」に、
エジプトのパロの元に行き、主にいけにえを捧げることを告げました。
するとそのことによって「パロからの迫害」がイスラエルの民に起きてしまいました。

その結果、イスラエルの民は、モーセに文句を言い、
モーセは主に不満をぶつけたのです。
(このことは既に、3章で語られてはいたのですが(3:19)、モーセは感情的になってしまいました)。

②神様の命令通りに、行動をしても、問題が大きくなるような時があるのです。
しかしそれも神様の「御手の中」なのです。
問題が大きくなるからこそ、最後の解決に「主の奇跡」が与えられるのです。

問題が起こると、感情的になるかもしれません。
しかし主に祈り、導きを受け続けるならば、最後には「問題は解決」するのです。


『私たちのできることを通じて、奇跡を起こされる主』
【15:34 すると、イエスは彼らに言われた。「どれぐらいパンがありますか。」彼らは言った。「七つです。それに、小さい魚が少しあります。」15:35 すると、イエスは群衆に、地面にすわるように命じられた。15:36 それから、七つのパンと魚とを取り、感謝をささげてからそれを裂き、弟子たちに与えられた。そして、弟子たちは群衆に配った。15:37 人々はみな、食べて満腹した。そして、パン切れの余りを取り集めると、七つのかごにいっぱいあった。15:38 食べた者は、女と子どもを除いて、男四千人であった。】

①イエス様は、男性だけで4000人の人々に対して「食べ物を与えたい」と言われました。
しかし弟子たちは、街はずれでは食物を準備することは不可能である、と答えたのです。

②イエス様は「彼らが持っている食物」がどれぐらいあるのか、を問われました。
そしてその食物を用いて、「すべての人を満たす」奇跡を成し遂げられたのです。

・・・私たちには「不可能と思える」ことがあります。
しかし主は「私たちができること」を通じて「奇跡を起こされる」のです。YccFuji








20160123
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-01-22 17:55 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/23795831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 1月24日出エジプト6-7章 ...   1月22日出エジプト記1-2章... >>