1月20日創世記46-48章 マタイ13:44-14:12

懸賞 2017年 01月 20日 懸賞

『答えを与えて下さる主』
【46:1 イスラエルは、彼に属するすべてのものといっしょに出発し、ベエル・シェバに来たとき、父イサクの神にいけにえをささげた。46:2 神は、夜の幻の中でイスラエルに、「ヤコブよ、ヤコブよ」と言って呼ばれた。彼は答えた。「はい。ここにいます。」46:3 すると仰せられた。「わたしは神、あなたの父の神である。エジプトに下ることを恐れるな。わたしはそこで、あなたを大いなる国民にするから。46:4 わたし自身があなたといっしょにエジプトに下り、また、わたし自身が必ずあなたを再び導き上る。ヨセフの手はあなたの目を閉じてくれるであろう。」】

①ヤコブ(イスラエル)は、エジプトに進むことを決心しながらも、
迷いの中で、創造主を礼拝し、進むべき方向を確認しました。
すると主は、はっきりと「エジプトに下りなさい」と語られたのです。

②私たちは、先が見えませんので、
現状の中で「最善と思う選択」をするしかありません。
しかし主を礼拝し、主に問いかける時に、
主は様々な方法を用いて「進むべき方向」を示して下さるのです。


『地引網のたとえ(ファイヤーバイブル13:49解説より)』
【13:47 また、天の御国は、海におろしてあらゆる種類の魚を集める地引き網のようなものです。13:48 網がいっぱいになると岸に引き上げ、すわり込んで、良いものは器に入れ、悪いものは捨てるのです。13:49 この世の終わりにもそのようになります。御使いたちが来て、正しい者の中から悪い者をえり分け、13:50 火の燃える炉に投げ込みます。彼らはそこで泣いて歯ぎしりするのです。】

①イエス様は、麦と毒麦のたとえのように、
正しい人と悪い人(神に仕えた人と神に仕えなかった人)が
最終的にえり分けられることを教えられました。

②神の民の中に、神と御言葉に忠実でない人がいることを強調されたのです。

・・・イエス様は、
私たちクリスチャンが「主につながり」「豊かな実を結ぶこと」を願っています(ヨハネ15章)。
主につながるならば、
悪いものになることはないのです。

聖書は「厳しいこと」も書かれていることを、もう一度確認しましょう。
それは「私たちの選択」で
「天国での評価」が決まるからなのです。YccFuji








20160120
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-01-20 05:21 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/23789704
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 1月21日創世記49-50章 ...   1月19日創世記44-45章 ... >>