1月4日創世記9-11章 マタイ4章

懸賞 2017年 01月 04日 懸賞

『一番価値のある選択、をするには』
【 9:1(洪水後) それで、神はノアと、その息子たちを祝福して、彼らに仰せられた。「生めよ。ふえよ。地に満ちよ。9:2 野の獣、空の鳥、──地の上を動くすべてのもの──それに海の魚、これらすべてはあなたがたを恐れておののこう。わたしはこれらをあなたがたにゆだねている。】

①人々の悪の満ちる中、
ノアは「正しい人」として生きていました。
創造主は、そのノアを通じて、ご自分の計画を進めたのです。

②楽な方に流れるのは、簡単です。
しかし、神様が悲しまれることをし続けるならば、
結局は「悪い結果」になるのです。

③目先の利益だけを考えないようにしましょう。
ノアは、逆境の中でも「良いこと」を選び続けた結果、
神に用いられ「大きな祝福」を頂いたのです。

今の地上の生活だけでなく、
「永遠の命の観点」(創造主に喜ばれる観点)で物事を考えるようにしましょう。
それが最終的に、「一番価値のある選択」につながるのです。

『誘惑に打ち勝つ』
【4:1 さて、イエスは、悪魔の試みを受けるため、御霊に導かれて荒野に上って行かれた。4:2 そして、四十日四十夜断食したあとで、空腹を覚えられた。4:3 すると、試みる者が近づいて来て言った。「あなたが神の子なら、この石がパンになるように、命じなさい。」4:4 イエスは答えて言われた。「『人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる』と書いてある。」】

①悪魔は、イエス様の公けの働きの前に、3つの誘惑をしかけました。
しかしイエス様は「み言葉」を用いて、悪魔を退けたのです。

②悪魔は私たちの弱いところを知って攻撃してきます。
しかし「語られているみ言葉」を用いて、
「すべての悪魔の攻撃」を退けることが出来るのです。

③しかし、そのためには「語られたみ言葉」を「心の中」に入れ、
「絶えず思い巡らす」必要があります。
そして自分と神に対して(誘惑に対しても)「口に出して告白する」のです。

・・・イエス様を模範として、悪の誘惑に打ち勝ちましょう。
主は「み言葉」によって「勝利の方法」を教えて下さるのです。YccFuji








20160104
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-01-04 05:48 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/23758034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 1月6日創世記15-17章 マ...   1月3日創世記6-8章 マタイ3章 >>