1月3日創世記6-8章 マタイ3章

懸賞 2017年 01月 03日 懸賞

『従う者に対する栄誉と祝福』
【創世記7:1 【主】はノアに仰せられた。「あなたとあなたの全家族とは、箱舟に入りなさい。あなたがこの時代にあって、わたしの前に正しいのを、わたしが見たからである。7:2 あなたは、すべてのきよい動物の中から雄と雌、七つがいずつ、きよくない動物の中から雄と雌、一つがいずつ、・・・
7:4 それは、あと七日たつと、わたしは、地の上に四十日四十夜、雨を降らせ、わたしが造ったすべての生き物を地の面から消し去るからである。」7:5 ノアは、すべて【主】が命じられたとおりにした。】

①地上の罪があまりにひどい様子を、主はご覧になられ、
この地を水で滅ぼすことを決まられました。(6章)
そして「正しい人」ノアに箱舟を造らせ、
家族と動物たちを救出するようにと命じたのです。

②ノアは、その命令に「純粋に従い」ました。
当然、周りの無理解や嘲笑があったにかかわらず、
最後まで主の命令通りに行動したのです。
その結果、家族と動物たちが救われたのです。

③神様から使命を与えられた人は、
「理解できない立場」が与えられる時があるのです。
それが神様からの確かなものであると確認できたならば(確認は必要です)、
素直に従いましょう。
それによって「あなたの使命」を、果たすことが出来るからです。

『模範者イエス様』
【マタイ3:13 さて、イエスは、ヨハネからバプテスマを受けるために、ガリラヤからヨルダンにお着きになり、ヨハネのところに来られた。3:14 しかし、ヨハネはイエスにそうさせまいとして、言った。「私こそ、あなたからバプテスマを受けるはずですのに、あなたが、私のところにおいでになるのですか。」3:15 ところが、イエスは答えて言われた。「今はそうさせてもらいたい。・・・」】

①イエス様は、公の働きを始める前、
ヨハネによって「洗礼を受けられ」ました。

これは私たちの「模範となるため」、
「罪人と同じ立場」をあえて通られたのです。

②私たちもイエス様のように
「良いこと」「神様が喜ばれること」を率先して行いましょう。

犠牲があったとしても、
「正しいこと」ならば、勇気をもって行いましょう。

それがイエス様に倣う者、
イエス様が喜んでくださる「生き方」なのです。Yccfuji







20160103
[PR]

by Happiness-eachday | 2017-01-03 05:25 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/23757177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 1月4日創世記9-11章 マタイ4章   1月2日創世記3-5章 マタイ2章 >>