7月9日箴言7-9章『正しさに従うかどうかで、人生の方向性が決まる』

懸賞 2016年 07月 09日 懸賞

『正しさに従うかどうかで、人生の方向性が決まる』

【9:7 あざける者を戒める者は、自分が恥を受け、悪者を責める者は、自分が傷を受ける。9:8 あざける者を責めるな。おそらく、彼はあなたを憎むだろう。知恵のある者を責めよ。そうすれば、彼はあなたを愛するだろう。9:9 知恵のある者に与えよ。彼はますます知恵を得よう。正しい者を教えよ。彼は理解を深めよう。9:10 【主】を恐れることは知恵の初め、聖なる方を知ることは悟りである。
9:12 もし、あなたが知恵を得れば、その知恵はあなたのものだ。もし、あなたがこれをあざけるなら、あなただけが、その責任を負うことになる。・・・】

①ここでいうあざける者とは、
正しい道を知っていながら、
あえて故意に悪の道を選ぶ人のことを言います。

確信犯的に、自分勝手に「自分の正しさ」を主張し、
「公けの正しさ」を無視する人のことです。

②そのような人が近くにいたならば、
正直に誠実に関わっても効果はありません。
むしろ反発を買うだけです。

誠実な忠告は、
知恵ある者(学ぶ姿勢のある者)にすべきなのです。

③「聖いルール」のお方(創造主)を知って、
み言葉に生活を合わせましょう。

み言葉に合わせれば「良い報い」があり、
反逆すれば「悪い報い」があるのです。

これは「個人の責任」であり、
創造主を信じている人も・そうでない人も、同じように判断されるのです。

このことは自然法則と同じ、
「大切な知恵」なのです。YccFuji







20160709
[PR]

by Happiness-eachday | 2016-07-09 05:20 | 2016年7-9月 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/23280666
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 7月10日箴言10‐12章『御...   7月8箴言4-6章『知恵の大切さ』 >>