3月24日Ⅰサムエル16-18章『主の助け(祝福)を受け続ける、性質』

懸賞 2016年 03月 24日 懸賞

『主の助け(祝福)を受け続ける、性質』

【16:7 しかし【主】はサムエルに仰せられた。「彼の容貌や、背の高さを見てはならない。わたしは彼を退けている。人が見るようには見ないからだ。人はうわべを見るが、【主】は心を見る。」・・・
16:12 エッサイは人をやって、彼(ダビデ)を連れて来させた。その子は血色の良い顔で、目が美しく、姿もりっぱだった。【主】は仰せられた。「さあ、この者に油をそそげ。この者がそれだ。」16:13 サムエルは油の角を取り、兄弟たちの真ん中で彼に油をそそいだ。【主】の霊がその日以来、ダビデの上に激しく下った。サムエルは立ち上がってラマへ帰った。】

①主は、主に従わなかったサウル王の代わりに、
新しい王としてダビデを選びました。

その基準は、「ダビデのこころ」でした。

②ダビデの生涯を見ると、
彼は「主に喜ばれるこころ」を持っていたことが分かります。

主が大切にするものを(たとえ自分を殺そうとするサウル王でも)
大切にし、
大きな失敗(バテシェバ事件)の後にも、
失敗を隠すのではなく、
「こころから悔い改め」主に「赦しを求めた」のです。

③主の願いをするには
「油注ぎ(主の特別な助け)」は不可欠です(13節)。

しかしその中に留まるためには大切なことがあります。
それが「主を愛し、その願いに応え続けること」です。

・・・「ダビデを模範」をして生活しましょう。
完全な人は一人もいません。
そのままの自分自身で「主を見続けて」生活するのです。YccFuji








20160324
[PR]

by Happiness-eachday | 2016-03-24 05:34 | 2016年1-3月 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/23003662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3月25日Ⅰサムエル19-21...   3月23日Ⅰサムエル13-15... >>