12月6日エペソ4-6章『キリストの教会』

懸賞 2014年 12月 06日 懸賞

『キリストの教会』

【4:11 こうして、キリストご自身が、ある人を使徒、ある人を預言者、ある人を伝道者、ある人を牧師また教師として、お立てになったのです。4:12 それは、聖徒たちを整えて奉仕の働きをさせ、キリストのからだを建て上げるためであり、4:13 ついに、私たちがみな、信仰の一致と神の御子に関する知識の一致とに達し、完全におとなになって、キリストの満ち満ちた身たけにまで達するためです。・・・】

①パウロは、クリスチャンが集う教会は、
キリストによって建て上げられたものであると理解していました。

教会は一人ではつくられません。
そこには様々な使命(働き)が与えられている人々が、
同じビジョンによって集まっていることが大切なのです。

バラバラではいけないのです。
また自分の夢の投影(自己実現)でもいけません。

純粋にキリストの願うことを求めて(ビジョンによって)集まる時に、
人々の一致と成熟が起きるのです。

そのために「使徒・預言者・伝道者・牧師・教師」が立てられるのです。
その人たちの使命は「信者の育成」です。

・・・あなたが集う教会のビジョンは何ですか?
そのビジョンの為に祈りましょう。

イエス様は、立てられたリーダーを中心に、
「あなた」を用いることによって、神の計画を進めようとされているのです。YccFuji









20141206
[PR]

by Happiness-eachday | 2014-12-06 05:49 | 2014年10-12月 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/21366684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 12月7日ピリピ1-4章『キリ...   12月5日エペソ1-3章『神を... >>