10月28日ルカ7-9章『イエス様のお気持ち』

懸賞 2014年 10月 28日 懸賞

『イエス様のお気持ち』

【9:57 さて、彼らが道を進んで行くと、ある人がイエスに言った。「私はあなたのおいでになる所なら、どこにでもついて行きます。」9:58 すると、イエスは彼に言われた。「狐には穴があり、空の鳥には巣があるが、人の子には枕する所もありません。」
9:61 別の人はこう言った。「主よ。あなたに従います。ただその前に、家の者にいとまごいに帰らせてください。」9:62 するとイエスは彼に言われた。「だれでも、手を鋤につけてから、うしろを見る者は、神の国にふさわしくありません。」】

①イエス様は、神の国の到来を伝え、
天の父の御心を進めようと日々考えておられました。

しかし人々は、自分のことだけを考え、
優先順位を「自己中心」に考えてしまっていたのです。

②イエス様は一人一人にふさわしく語られました。
ですからここで語られた人は、
イエス様から「神の国のために働こうとする者は、家の者以上に神の国のことを優先する必要がある」
と教えられたのです。

③「家の人をおろそかにする」という意味ではありません。
空気がなければ死んでしまうように
「神の国の計画」がなければ、生活も家の人との関係もおかしくなってしまうのです。

・・・神の国とその義を大切にしていきましょう。
そのことが分かるほどに、
あなたの生活は「優先順位がきちんとされ」
満たされていくのです。YccFuji











20141028
[PR]

by Happiness-eachday | 2014-10-28 08:55 | 2014年10-12月 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/21249480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 10月29日ルカ10‐12章『...   10月27日ルカ4-6章『与え... >>