7月2日詩編121‐125篇『いつも守って下さるお方』

懸賞 2014年 07月 02日 懸賞

『いつも守って下さるお方』

【121:1 私は山に向かって目を上げる。私の助けは、どこから来るのだろうか。121:2 私の助けは、天地を造られた【主】から来る。121:3 主はあなたの足をよろけさせず、あなたを守る方は、まどろむこともない。121:4 見よ。イスラエルを守る方は、まどろむこともなく、眠ることもない。121:5 【主】は、あなたを守る方。【主】は、あなたの右の手をおおう陰。121:6 昼も、日が、あなたを打つことがなく、夜も、月が、あなたを打つことはない。121:7 【主】は、すべてのわざわいから、あなたを守り、あなたのいのちを守られる。121:8 【主】は、あなたを、行くにも帰るにも、今よりとこしえまでも守られる。】

①私たちは問題が解決できない時、誰かに助けを求めようとします。
そしてその助けは、人ではなく、
大きな山を造り、すべてを支配しておられる『天地を造られた神』
から来ることを学ぶのです。

②多くの苦しみを経験するほどに、解決は「人にはできない」ことを知っていくのです。

・・・苦しみの時、大自然を見てみましょう。
そして私たちは助けて下さるお方は、その山や海よりも大きな力をもってお方であることを、確認しましょう。

私たちはこのお方に「造られ」「愛され」「守られている」のです。YccFuji











201400702
[PR]

by Happiness-eachday | 2014-07-02 05:55 | 2014年4-6月 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/20857061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 7月3日詩編126-130篇『...   7月1日詩編119-120篇『... >>