6月26日詩編96‐100篇『主に愛されている喜び』

懸賞 2014年 06月 26日 懸賞

『主に愛されている喜び』

【< 100 > 感謝の賛歌100:1 全地よ。【主】に向かって喜びの声をあげよ。100:2 喜びをもって【主】に仕えよ。喜び歌いつつ御前に来たれ。100:3 知れ。【主】こそ神。主が、私たちを造られた。私たちは主のもの、主の民、その牧場の羊である。100:4 感謝しつつ、主の門に、賛美しつつ、その大庭に、入れ。主に感謝し、御名をほめたたえよ。100:5 【主】はいつくしみ深くその恵みはとこしえまで、その真実は代々に至る。】

①私たちが【主】と読んでいるお方は、
この世界を造られたお方で、絶対的な全能者です。

そして最も素晴らしいことは、
主は、私たち信じるものに「個人的に関わって下さるお方」なのです。

②主は私たちを造られました。
そして主は、私たちを「牧場の羊(神の子ども)」として見て下さり、
特別に愛して下さっているのです。

このことは何と大きな感謝でしょう。

③ですから私たちは「愛されている者」として、
安心して「主に近づくこと」ができるのです。

あなたは主に愛されていますか?
それを感じたい人は聖書を読んでみましょう。そ
してその言葉を受け止めましょう。

「愛されている喜び」は、他に代えがたい素晴らしいものです。
私たちは、この愛をこの世界を造った『創造主』から頂いているのです。YccFuji








20140626
[PR]

by Happiness-eachday | 2014-06-26 05:19 | 2014年4-6月 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/20846690
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 6月27日詩編101‐104篇...   6月25日詩編91‐95篇『主... >>