6月14日詩編42-45篇『主を慕い求める祈り』

懸賞 2014年 06月 14日 懸賞

『主を慕い求める祈り』

【42:1 鹿が谷川の流れを慕いあえぐように、神よ。私のたましいはあなたを慕いあえぎます。42:2 私のたましいは、神を、生ける神を求めて渇いています。いつ、私は行って、神の御前に出ましょうか。
42:3 私の涙は、昼も夜も、私の食べ物でした。人が一日中「おまえの神はどこにいるのか」と私に言う間。42:4 私はあの事などを思い起こし、私の前で心を注ぎ出しています。私があの群れといっしょに行き巡り、喜びと感謝の声をあげて、祭りを祝う群集とともに神の家へとゆっくり歩いて行ったことなどを。42:5 わがたましいよ。なぜ、おまえはうなだれているのか。私の前で思い乱れているのか。神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。御顔の救いを。
42:10 私に敵対する者どもは、私の骨々が打ち砕かれるほど、私をそしり、一日中、「おまえの神はどこにいるのか」と私に言っています。42:11 わがたましいよ。なぜ、おまえはうなだれているのか。なぜ、私の前で思い乱れているのか。神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。私の顔の救い、私の神を。】

①この詩編の作者は、主を慕い求めました。
それはよい状況の時だけではなく、難しい状況の時にこそ、心から求めたのです。

②人々の批判、悪口、そんな中でも、
「主の恵みを思い起こして」主に心を注いで祈っていたのです。

・・・人生には良い時もあれば、考えられない程の悪い時もあるのです。
その時こそ私たちは「自分自身に」語るのです。
「待ち望め主を。主をほめたたえる。主の救いを」と。

その信仰の中で、信仰の通り、主に出会い、幸せな体験が与えられるのです。YccFuji











20140614
[PR]

by Happiness-eachday | 2014-06-14 08:30 | 2014年4-6月 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/20808211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 6月15日詩編46-50篇『主...   6月13日詩編38-41篇『苦... >>