5月21日エステル記4-6章『主の使命を実行する覚悟』

懸賞 2014年 05月 21日 懸賞

『主の使命を実行する覚悟』

【4:13 モルデカイはエステルに返事を送って言った。「あなたはすべてのユダヤ人から離れて王宮にいるから助かるだろうと考えてはならない。4:14 もし、あなたがこのような時に沈黙を守るなら、別の所から、助けと救いがユダヤ人のために起ころう。しかしあなたも、あなたの父の家も滅びよう。あなたがこの王国に来たのは、もしかすると、この時のためであるかもしれない。」4:15 エステルはモルデカイに返事を送って言った。4:16 「行って、シュシャンにいるユダヤ人をみな集め、私のために断食をしてください。三日三晩、食べたり飲んだりしないように。私も、私の侍女たちも、同じように断食をしましょう。たとい法令にそむいても私は王のところへまいります。私は、死ななければならないのでしたら、死にます。」】

①ユダヤ人たちは、敵ハマンの策略で、皆殺しになりそうになりました。
それに対し、おじモルデガイは、
エステルにユダヤ人救済のため「使命に立つように」と訴えました。

そこで、エステルは殺されるかもしれない状況下で、
覚悟と決断をしたのです。

②主の使命は、主が計画したものですが、
それを実行するためには、
人間側の「自分の身を犠牲にしても良い」という覚悟が必要な時があるのです。
(いつもという訳ではありませんが)

・・・あなたの使命の実行に『犠牲が伴うこと』があっても、
それが本当に主からのものであると確信するならば、
前進することを考えましょう。

『犠牲』が大きい分、それを通じて成し遂げられる働きは、
「大きなもの」なのです。YccFuji










20140521
[PR]

by Happiness-eachday | 2014-05-21 05:30 | 2014年4-6月 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/20727211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 5月22日エステル記7-10章...   5月20日エステル記1-3章『... >>