5月2日Ⅱ歴代誌4-6章『主への礼拝の大切さ』

懸賞 2014年 05月 02日 懸賞

『主への礼拝の大切さ』

【6:4 彼(ソロモン)は言った。「イスラエルの神、【主】はほむべきかな。主は御口をもって私の父ダビデに語り、御手をもってこれを成し遂げて言われた。
6:7 それで、私の父ダビデは、イスラエルの神、【主】の名のために宮を建てることを、いつも心がけていた。6:8 ところが、【主】は、私の父ダビデにこう仰せられた。『あなたは、わたしの名のために宮を建てることを心がけていたために、よくやった。あなたは確かに、そう心がけていた。6:9 しかし、あなたがその宮を建ててはならない。あなたの腰から出るあなたの子どもが、わたしの名のためにその宮を建てる。』6:10 【主】は、お告げになった約束を果たされたので、私は父ダビデに代わって立ち、【主】の約束どおりイスラエルの王座に着いた。そして、イスラエルの神、【主】の名のために、この宮を建て、6:11 主がイスラエル人と結ばれた【主】の契約が納められている箱をそこに置いた。」・・・】

①主はダビデに語られたように、息子ソロモンによって神殿を完成させました。
彼らは、親子2代で『使命』を果たしたのです。

②私たちは神から与えられた『使命』があります。
それは人それぞれに定められたものなのです。

その『使命』を神から聞き続け、忠実に実行し続ける時に、
素晴らしいい御業を見ることができるのです。

③それをするための原動力は『主への礼拝』です。
【主】を一番とし、賛美と犠牲を捧げ続ける時に、
私たちは「御心を理解する者」へと作り変えられるのです。

④ソロモンは神殿完成時に『主への礼拝』をしました。
私たちも、事ある毎に『主への礼拝』を一番とすることが大切なのです。
YccFuji









20140502
[PR]

by Happiness-eachday | 2014-05-02 09:24 | 2014年4-6月 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/20652134
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 5月3日Ⅱ歴代7-9章『主へ祭...   5月1日Ⅱ歴代1-3章『主に最... >>