4月24日1歴代誌7-9章『自分の存在意義を確認する』

懸賞 2014年 04月 24日 懸賞

『自分の存在意義を確認する』

【9:1 全イスラエルは系図に載せられた。それはイスラエルの王たちの書にまさしくしるされている。ユダは、不信の罪のために、バビロンに捕らえ移されていた。9:2 ところで、彼らの所有地である彼らの町々に最初に住みついたのは、イスラエル、祭司たち、レビ人および宮に仕えるしもべたちであった。9:3 エルサレムには、ユダ族、ベニヤミン族、エフライムおよびマナセ族の者が住みついた。】

①この書が書かれたのは、バビロンから解放後1世紀が経った頃でした。
その願いは「自分たちの存在意義を」確認し
「その使命をもう一度自覚する」というものだったのです。

②私たちは「自分存在意義」を知りたいと願っています。
しかし心で感じたことを受け取ることができず、
頭で考えすぎて混乱してしまうのです。
心と頭が不調和なのです。

③しかし私たちの主は、聖書や様々なものを用いて
「私たちの存在意義」に気づかせて下さるのです。

そして創造主が願っている視点を聞き続ける中で、
「自分の心から願っている思い(自分の存在意義)」に気が付き、
「使命を確信を持って実行する」ことができるようになるのです。

『使命』を実行するから『心(存在意義)』が分かるのではなく
、『心(存在意義)』が分かって初めて『使命』をスムーズに果たすことができるのです。

・・・主に祈りましょう。
そして主が準備している『気づきのプラン』の中を歩みましょう。
主は「あなたが誰であるか」を教えて下さるのです。YccFuji










20140424
[PR]

by Happiness-eachday | 2014-04-24 08:25 | 2014年4-6月 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/20613313
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 4月25日1歴代誌9-12章『...   4月23日Ⅰ歴代4-6章『悲し... >>