4月21日2列王記22-25章『回復の神』

懸賞 2014年 04月 21日 懸賞

『回復の神』

【25:27 ユダの王エホヤキンが捕らえ移されて三十七年目の第十二の月の二十七日に、バビロンの王エビル・メロダクは、彼が王となったその年のうちに、ユダの王エホヤキンを牢獄から釈放し、25:28 彼に優しいことばをかけ、彼の位をバビロンで彼とともにいた王たちの位よりも高くした。25:29 彼は囚人の服を着替え、その一生の間、いつも王の前で食事をした。25:30 彼の生活費は、その一生の間、日々の分をいつも王から支給されていた。】

①エホヤキン王は、完全な王ではありませんでしたが(24:9)、
バビロンに捕虜に連れていかれた後、37年目に、牢獄から解放されました。
捕囚の地バビロニアにあっても、彼は回復を経験したのです。

②昨日はイースターのお祝い(復活祭)の日曜日でした。
復活の主は、ご自分は「完全な勝利」を成し遂げられました。

しかし、すぐに落ち込みやすく、悪い力に振り回されてしまう私たちを、
引き揚げ、助け、支え続けて下さるお方なのです。

この回復の力、イエス様を死から甦らさせた復活の力が、
私たちに、日ごとに与えられているのです。

イエス様のことを深く思いましょう。
このお方は私たちの「霊の夫」であり、
永遠に私たちの魂を守り、責任を持って導き続ける、今も生きておられる
「私たちが愛するお方」なのです。YccFuji








20140421
[PR]

by Happiness-eachday | 2014-04-21 08:24 | 2014年4-6月 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/20601993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 4月22日Ⅰ歴代誌1-3章『歴...   4月20日2列王記19-21章... >>