4月16日2列王記7-9章『主の恵み』

懸賞 2014年 04月 16日 懸賞

『主の恵み』

【8:1 エリシャは、かつて子どもを生き返らせてやったあの女に言った。「あなたは家族の者たちと旅に立ち、あなたがとどまっていたい所に、しばらくとどまっていなさい。【主】がききんを起こされたので、この国は七年間、ききんに見舞われるから。」8:2 そこで、この女は神の人のことばに従って出発し、家族の者を連れてペリシテ人の地に行き、七年間滞在した。8:3 七年たって後、彼女はペリシテ人の地から戻って来て、自分の家と畑を得ようと王に訴え出た。・・・】

①エリシャの言葉を聞いて、子供を生き返らせていただいた女性は、
飢饉を避け、7年間ペリシテの地に避難しました。
そして帰った時、王のもとにやってきたのです。

②この時、主の不思議なご配慮により、
女性は、すべての土地家を取り戻すことができただけでなく、
その間の収穫も得ることができたのです。

③主に導かれると不思議なことが起こります。
しかしそれを受けたからと言って、高慢になってはいけません。
ただ『一方的な主の恵み』によって与えられるのです。

・・・私たちはすべてのことに知恵深く振る舞いましょう。
へりくだるものは、ますますの恵みを受けるのが聖書の原則だからです。YccFuji









20140416
[PR]

by Happiness-eachday | 2014-04-16 22:25 | 2014年4-6月 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/20582624
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 4月17日2列王記10-12章...   4月15日2列王4-6章『信仰の力』 >>