8月31日 哀歌1-3章『主の憐れみ』

懸賞 2012年 08月 31日 懸賞

『主の憐れみ』

【 3:22 私たちが滅びうせなかったのは、【主】の恵みによる。主のあわれみは尽きないからだ。
3:27 人が、若い時に、くびきを負うのは良い。3:28 それを負わされたなら、ひとり黙ってすわっているがよい。
3:31 主は、いつまでも見放してはおられない。3:32 たとい悩みを受けても、主は、その豊かな恵みによって、あわれんでくださる。
3:37 主が命じたのでなければ、だれがこのようなことを語り、このようなことを起こしえようか。
3:38 わざわいも幸いも、いと高き方の御口から出るのではないか。・・・】

①哀歌はエルサレムの滅亡を悲しむ歌が集められています。

②逃げることができない悲しみと苦しみの中でも、
著者は主を待ち望んでいます。

そして主の真実と救いを語り、主を信じる希望を語ったのです。

③私たちも希望を語り続けましょう。
見離されたような状況にあっても、主の真実を語るのです。
そして苦しみの時が過ぎれば、希望と回復の時がやってくるのです。

・・・主は変わりません。
主は真実であり、
私たちに対して誠実な神なのです。
YccFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2012-08-31 08:57 | 2012年7月 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/16723026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 9月1日哀歌4-5章『主への訴え』   8月30日エレミヤ49‐52章... >>