7月18日伝道者の書4-6章『神からの賜物』

懸賞 2012年 07月 18日 懸賞

『神からの賜物』

【5:18 見よ。私がよいと見たこと、好ましいことは、神がその人に許されるいのちの日数の間、日の下で骨折るすべての労苦のうちに、しあわせを見つけて、食べたり飲んだりすることだ。これが人の受ける分なのだ。5:19 実に神はすべての人間に富と財宝を与え、これを楽しむことを許し、自分の受ける分を受け、自分の労苦を喜ぶようにされた。これこそが神の賜物である。5:20 こういう人は、自分の生涯のことをくよくよ思わない。神が彼の心を喜びで満たされるからだ。】

①人生で最も大切なことは「しあわせ」を感じることです。
主は私たちが「受ける分」を与え「労苦を喜ぶ」ようにされたと言います。
「あなたの労苦」は何でしょうか。
祈って今日一日の働きを考えましょう。
その労苦を思いましょう。

主はあなたの「労苦」を喜べるように、導き助けて下さるのです。
YccFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2012-07-18 08:25 | 2012年7月 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/16401878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 7月19日伝道者の書7-9章『...   7月17日伝道者の書1-3章『... >>