7月15日箴言25‐27章『知恵の言葉』

懸賞 2012年 07月 15日 懸賞

『知恵の言葉』

【25:2 事を隠すのは神の誉れ。事を探るのは王の誉れ。
25:8 軽々しく訴えて出るな。そうでないと、あとになって、あなたの隣人があなたに恥ずかしい思いをさせたとき、あなたはどうしようとするのか。25:9 あなたは隣人と争っても、他人の秘密を漏らしてはならない。25:10 そうでないと、聞く者があなたを侮辱し、あなたの評判は取り返しのつかないほど悪くなる。・・・】

①私たちは生きる上で、知恵の言葉を聞くことは大切です。
なぜなら大人になればなるほど、私たちに知恵の言葉を語ってくれる人は少なくなるからです。

②人間関係で問題を犯すのは、「言ってはならないことを言ってしまうこと」です。
ここだけの話と言うのはあり得ません。
口から出してしまえば、広がると考えるのが自然なのです。

またはっきりしていないことを「噂話」として話すほど愚かなことはないのです。

・・・ある人は、話す内容を考える時「祈りながら」考えるといいます。
「主をこれは話すべきでしょうか。話してはいけないでしょうか」と祈ってから
「大丈夫であると平安があるもの」だけを話すといいます。

言わなければ良いこともたくさんあるのです。
私たちの「言葉」を聖書を通じて考えましょう。

そして良い言葉を発し、皆の益になることをしていきたいのです。
YccFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2012-07-15 07:10 | 2012年7月 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/16358759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 7月16日箴言28‐30章『主...   7月14日箴言22‐24章『知... >>