7月4日詩篇136-140篇『私たちは神から離れることはない』

懸賞 2012年 07月 04日 懸賞

『私たちは神から離れることはない』

【139:1 【主】よ。あなたは私を探り、私を知っておられます。139:2 あなたこそは私のすわるのも、立つのも知っておられ、私の思いを遠くから読み取られます。139:3 あなたは私の歩みと私の伏すのを見守り、私の道をことごとく知っておられます。139:4 ことばが私の舌にのぼる前に、なんと【主】よ、あなたはそれをことごとく知っておられます。139:5 あなたは前からうしろから私を取り囲み、御手を私の上に置かれました。139:6 そのような知識は私にとってあまりにも不思議、あまりにも高くて、及びもつきません。139:7 私はあなたの御霊から離れて、どこへ行けましょう。私はあなたの御前を離れて、どこへのがれましょう。・・・】

①創造主はこの世界をつくられ、私たちをも造られました。
ですから、私たちはいつも「主のご支配」の中にいるのです。

私たちが主を忘れても、離れようとしても、「主のご支配」からは出ることがないのです。

・・・宣教師の息子さんで私たちの先輩は、
若いころにぐれて神様と関係のないような生活をしていました。
しかしもう一度主に導かれ、悪いものを一切断ち切って、回復し、
今は素晴らしい「主の働き人」になっているのです。

主は私たちを忘れられません。
私たちは、どのようにあがいたとしても、
主の愛と恵みの中で「一生を過ごす」ように導かれているのです。
YccFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2012-07-04 05:46 | 2012年7月 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/16212286
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 7月5日詩篇141-145篇『...   7月3日詩篇131‐135篇『... >>