「ほっ」と。キャンペーン

1月18日出エジプト1‐3章『叫びを聞かれる神』

懸賞 2011年 01月 18日 懸賞

『叫びを聞かれる神』
【2:23 それから何年もたって、エジプトの王は死んだ。イスラエル人は労役にうめき、わめいた。彼らの労役の叫びは神に届いた。2:24 神は彼らの嘆きを聞かれ、アブラハム、イサク、ヤコブとの契約を思い起こされた。・・・
3:7 【主】は(モーセに)仰せられた。「わたしは、エジプトにいるわたしの民の悩みを確かに見、追い使う者の前の彼らの叫びを聞いた。わたしは彼らの痛みを知っている。3:9 見よ。今こそ、イスラエル人の叫びはわたしに届いた。わたしはまた、エジプトが彼らをしいたげているそのしいたげを見た。3:10 今、行け。わたしはあなたをパロのもとに遣わそう。わたしの民イスラエル人をエジプトから連れ出せ。」3:11 モーセは神に申し上げた。「私はいったい何者なのでしょう。パロのもとに行ってイスラエル人をエジプトから連れ出さなければならないとは。」3:12 神は仰せられた。「わたしはあなたとともにいる。これがあなたのためのしるしである。わたしがあなたを遣わすのだ。あなたが民をエジプトから導き出すとき、あなたがたは、この山で、神に仕えなければならない。」】

①主は、神の民の叫びを聞き、契約を思い起こし、モーセを救済者として召し出されました。
②モーセは特別な使命を受けて生まれ育った人物でしたが、
自分の力に頼って失敗をし(2章)、荒野で逃亡生活をしていました。

③主はそのモーセを召し出し、使命を与え、神の計画を実現させたのです。
d0155777_8204810.jpg
・・・ここで2つのことを学ぶことができます。
一つ目は、主は叫びを聞いて下さると言うことです。
主は私たちに悩みを知り、叫びを聞かれ、助け出して下さるお方であることを、
しっかりと信じましょう。(助けは、「信仰」によって受け取ることができるのです)

・・・二つ目は、自信を喪失した人を主は強め励まし、用いられるお方です。
私たちに自信がなくとも(自信のない分野で働く時も)、
主が助けて下さる時に、神の働きをすることができるのです。

・・・主はあなたの叫びを聞かれます。
そして強めて下さいます。
主はモーセを用いて計画を進められた様に、
あなたを用いて計画を進めることができるお方なのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-01-18 08:22 | 2011年1月 | Trackback

トラックバックURL : http://yokkaichic.exblog.jp/tb/12714911
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 1月19日出エジプト4-6章『...   1月17日創世記49‐50章『... >>