7月22日詩篇23-25篇 1コリント14章

懸賞 2017年 07月 22日 懸賞

『導きと守りの祈り(ダビデ)』

【詩 25:1 【主】よ。私のたましいは、あなたを仰いでいます。25:2 わが神。私は、あなたに信頼いたします。どうか私が恥を見ないようにしてください。私の敵が私に勝ち誇らないようにしてください。25:3 まことに、あなたを待ち望む者はだれも恥を見ません。ゆえもなく裏切る者は恥を見ます。25:4 【主】よ。あなたの道を私に知らせ、あなたの小道を私に教えてください。25:5 あなたの真理のうちに私を導き、私を教えてください。あなたこそ、私の救いの神、私は、あなたを一日中待ち望んでいるのです。25:6 【主】よ。あなたのあわれみと恵みを覚えていてください。それらはとこしえからあったのですから。25:7 私の若い時の罪やそむきを覚えていないでください。あなたの恵みによって、私を覚えていてください。【主】よ。あなたのいつくしみのゆえに。】

①ダビデは、主の恵みと導きを受けるためには、
「み言葉と真理の基準で正しいと示される道へ導いて頂きたい」
という気持ちを持つ必要があることを(4,5節)教えてくれます。

②またへりくだって主に服従し(9節)、主を恐れ(12-14節)、
罪を赦して頂く必要があることが分かります(7節)。

③生活の中に困難があることは、
必ずしも神が非難しておられる訳ではない(34:19)のです。

主はヨブのように、
主を求め続けることを通じて「新たなる祝福」を与えようとされているのです。

・・・主に祈りましょう、問題や苦しみの中でこそ、祈る祈りがあるのです。



『愛と秩序の神』

【Ⅰコリ14:26 兄弟たち。では、どうすればよいのでしょう。あなたがたが集まるときには、それぞれの人が賛美したり、教えたり、黙示を話したり、異言を話したり、解き明かしたりします。そのすべてのことを、徳を高めるためにしなさい。
14:31 あなたがたは、みながかわるがわる預言できるのであって、すべての人が学ぶことができ、すべての人が勧めを受けることができるのです。14:32 預言者たちの霊は預言者たちに服従するものなのです。14:33 それは、神が混乱の神ではなく、平和の神だからです。
14:39 それゆえ、私の兄弟たち。預言することを熱心に求めなさい。異言を話すことも禁じてはいけません。14:40 ただ、すべてのことを適切に、秩序をもって行いなさい。】

①コリントの教会は、御霊の賜物の豊かな教会でした。
しかし時に混乱と乱用があったようです。
パウロは秩序の大切さを語りました。
それは初心者に対する愛と配慮の為です。

②しかし同時に、パウロは預言を熱心に求め、異言を禁じてはいけないとも語っています。
御霊の賜物を制限してはいけないのです。

私たちの教会も「御霊の賜物」が豊かに働かれることを願います。
しかしその運用のためには「愛と秩序」が必要なのです。
それは神が「愛と秩序の神」だからです。






20170722


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-07-22 05:34 | 2017年 | Trackback

7月21日詩篇21-22篇 1コリント13章

懸賞 2017年 07月 21日 懸賞

『苦痛の叫び(ダビデ)』

【詩22:1 わが神、わが神。どうして、私をお見捨てになったのですか。遠く離れて私をお救いにならないのですか。私のうめきのことばにも。22:2 わが神。昼、私は呼びます。しかし、あなたはお答えになりません。夜も、私は黙っていられません。22:3 けれども、あなたは聖であられ、イスラエルの賛美を住まいとしておられます。】

①この詩は、「十字架の詩篇」と呼ばれています。
作者が聖霊によって「キリストの苦しみ」を正確に書き表しているからです。

②主イエスは、十字架につけられ、死のうとしている時に、
この切羽詰まった恐ろしい叫びをされたのです。
キリストは、誰も体験したことに無い、神に見捨てられた気持ちに圧倒されたのです。

神の子であり、宇宙を創造したお方が、
造られたものから拒まれ、
あらゆるところに御臨在される神から断絶されたのです。
この狂気にも似た気持ちを、私たちの主は体験されたのです。

それは「神は、罪を知らない方を、私たちの代わりに罪とされた(2コリ5:21)」からであり、
「私たちのために、のろわれたもの(ガラテヤ3:13)」となるためでした。

・・・私たちが体験する断絶や悲しみは、イエス様の苦しみの一部でしかありません。
イエス様は、あなたの苦しみを経験されたお方であり、
あなたを救い出すためにその苦しみを乗り越えられたお方なのです。




『愛』

【Ⅰコリ13:4 愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。13:5礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、13:6 不正を喜ばずに真理を喜びます。13:7すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。13:8 愛は決して絶えることがありません。・・・
13:12 今、私たちは鏡にぼんやり映るものを見ていますが、その時には顔と顔とを合わせて見ることになります。今、私は一部分しか知りませんが、その時には、私が完全に知られているのと同じように、私も完全に知ることになります。13:13 こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。】

①神の御性質である、愛は、完全なものです。
その愛を「聖霊を通じて」受けると私たちは「肉の思いを超えて」、
「愛の心」で人に接することができるようになるのです。

②今私たちは、まだキリストの愛を全て体験していません。
しかしイエス様とお出会いする時(天国・再臨時)では、
キリストを知り、キリストの愛で満たされるのです。

・・・聖霊に満たされましょう。愛を感じましょう。
この地上でも「キリストの愛を体験し」「人を愛すること」が神の願い、計画なのです。






20170721


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-07-21 05:18 | 2017年 | Trackback

7月20日詩編19-20篇 1コリント12章

懸賞 2017年 07月 20日 懸賞

『神の御言葉の力(ダビデ)』

【詩19:7 【主】のみおしえは完全で、たましいを生き返らせ、【主】のあかしは確かで、わきまえのない者を賢くする。19:8 【主】の戒めは正しくて、人の心を喜ばせ、【主】の仰せはきよくて、人の目を明るくする。19:9 【主】への恐れはきよく、とこしえまでも変わらない。【主】のさばきはまことであり、ことごとく正しい。19:10 それらは、金よりも、多くの純金よりも好ましい。蜜よりも、蜜蜂の巣のしたたりよりも甘い。19:11 また、それによって、あなたのしもべは戒めを受ける。それを守れば、報いは大きい。19:12 だれが自分の数々のあやまちを悟ることができましょう。どうか、隠れている私の罪をお赦しください。】

①ダビデは、神の御言葉は正しく、その裁きは真であると告白しました。
そして、主の御言葉を守れば、報いが大きいとダビデは語りました。

②私たちが正しさの基準ではなく、神の御言葉が正しさの基準なのです。
ですから私たちは、自分生活と考え方を「神の御言葉に合わせて」修正し続けるのです。

③若いうちは、自分の正しさを信じやすいものです。
しかし自分と現実が見えてくると、それは言えなくなるのです。

・・・主に祈りましょう。
そして隠れた罪を赦して頂きましょう。
主が働いて、赦して下さらなければ、
私たちは「本当の自分の姿」にも気がつかないほど、自己中心なのです。





『キリストの身体』

【Ⅰコリント12:13 なぜなら、私たちはみな、ユダヤ人もギリシヤ人も、奴隷も自由人も、一つのからだとなるように、一つの御霊によってバプテスマを受け、そしてすべての者が一つの御霊を飲む者とされたからです。12:14 確かに、からだはただ一つの器官ではなく、多くの器官から成っています。・・・
12:20 しかしこういうわけで、器官は多くありますが、からだは一つなのです。・・・
12:26 もし一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、もし一つの部分が尊ばれれば、すべての部分がともに喜ぶのです。12:27 あなたがたはキリストのからだであって、ひとりひとりは各器官なのです。】

①パウロは、クリスチャンは、一人一人はキリストの各器官であって、共同体であると語りました。
これがクリスチャンに対する聖書のメッセージなのです。

②私たちは、キリストの身体であり、御霊にあって一つなのです。

・・・一人で信仰生活をしているのではありません。
あなたが苦しめば、キリストが苦しみ、共同体が苦しむのです。
それが体験できるのが、目に見える地方教会(所属する教会)なのです。

・・・あなたはそのような関係を地方教会で持っていますか。
それを体験し、実感するのが、主の計画であり、御心なのです。
そのことを通じて「わがまま(気がつく、気がつかないの両方)」がそぎ落とされ、
愛が成長し、
私たちは成熟していくのです。





20170720


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-07-20 05:14 | 2017年 | Trackback

7月19日詩編17-18篇 1コリント11:2-34

懸賞 2017年 07月 19日 懸賞

『苦難の中からの神への叫び(ダビデ)』

【詩18:1 彼はこう言った。【主】、わが力。私は、あなたを慕います。18:2 【主】はわが巌、わがとりで、わが救い主、身を避けるわが岩、わが神。わが盾、わが救いの角、わがやぐら。18:3 ほめたたえられる方、この【主】を呼び求めると、私は、敵から救われる。18:4 死の綱は私を取り巻き、滅びの川は、私を恐れさせた。18:5 よみの綱は私を取り囲み、死のわなは私に立ち向かった。18:6 私は苦しみの中に【主】を呼び求め、助けを求めてわが神に叫んだ。主はその宮で私の声を聞かれ、御前に助けを求めた私の叫びは、御耳に届いた。18:7 すると、地はゆるぎ、動いた。また、山々の基も震え、揺れた。主がお怒りになったのだ。・・・】

①主は、主を慕い求める者には、敵から救い出してくださるお方です。
ですから主の前にへりくだり、主を求めましょう。
主は正しいお方です。
そしてあなたを公平に裁いて下さるのです。
ですから、私たちは「主に従っていること」が大切です。

善悪の基準は主ですから、その主に喜ばれることをしていくことが大切なのです。

・・・主に助けを求めましょう。
そして助けて頂いて、益々主に喜ばれることをしていくのです。
そうすれば、主があなたの味方になって下さいます。




『再臨まで行われる聖餐式』

【Ⅰコリ11:23 私は主から受けたことを、あなたがたに伝えたのです。すなわち、主イエスは、渡される夜、パンを取り、11:24 感謝をささげて後、それを裂き、こう言われました。「これはあなたがたのための、わたしのからだです。わたしを覚えて、これを行いなさい。」11:25 夕食の後、杯をも同じようにして言われました。「この杯は、わたしの血による新しい契約です。これを飲むたびに、わたしを覚えて、これを行いなさい。」11:26 ですから、あなたがたは、このパンを食べ、この杯を飲むたびに、主が来られるまで、主の死を告げ知らせるのです。】

①イエス様は、「パン」のことを「これは・・・わたしの身体です」と言われたのは、
ご自分の身体を象徴するという意味です。
また「杯」は、イエス様の血によって与えられる「霊的救いの契約」を結ぶという意味を持つのです。
すなわち「十字架上のキリストの犠牲と死」による祝福を認め、受け取ることを意味します。

②キリストの再臨まで、教会では聖餐式を行います。
それは信者が、イエス様の恵みをその都度、再確認し、恵みを証するためなのです。





20170719


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-07-19 05:25 | 2017年 | Trackback

7月18日詩編11-16篇 1コリント10:14-11:1

懸賞 2017年 07月 18日 懸賞

『悪い状況下での祈り(ダビデ)』

【詩 12:4 彼らはこう言うのです。「われらはこの舌で勝つことができる。われらのくちびるはわれらのものだ。だれが、われらの支配者なのか。」12:5 【主】は仰せられる。「悩む人が踏みにじられ、貧しい人が嘆くから、今、わたしは立ち上がる。わたしは彼を、その求める救いに入れよう。」12:6 【主】のみことばは混じりけのないことば。土の炉で七回もためされて、純化された銀。12:7 あなたが、【主】よ、彼らをお守りになります。あなたはこの時代からとこしえまでも彼らを保たれます。】

①ダビデは、悪が多い現状を、歎き、主に訴えました。
悪を行う人は、高慢で他を見下しています。
そして善人を踏みにじるのです。

②しかし悩む人を主は助けて下さいます。
そして守って下さるのです。

・・・私たちは、主に喜ばれる側にいるのか、そうでない側にいるのか、が大切です。
主にへりくだりましょう。
主に近づきましょう。
あなたは主に近づく人であれば、主はあなたを助けられるのです。




『どのように生きるのか』

【Ⅰコリント 10:23 すべてのことは、してもよいのです。しかし、すべてのことが有益とはかぎりません。すべてのことは、してもよいのです。しかし、すべてのことが徳を高めるとはかぎりません。10:24 だれでも、自分の利益を求めないで、他人の利益を心がけなさい。・・・
10:31 こういうわけで、あなたがたは、食べるにも、飲むにも、何をするにも、ただ神の栄光を現すためにしなさい。10:32 ユダヤ人にも、ギリシヤ人にも、神の教会にも、つまずきを与えないようにしなさい。10:33 私も、人々が救われるために、自分の利益を求めず、多くの人の利益を求め、どんなことでも、みなの人を喜ばせているのですから。11:1 私がキリストを見ならっているように、あなたがたも私を見ならってください。】

①パウロは、すべてのことをしても良いが、皆の益となることを求めなさい、と命じました。
そして神の栄光を考えて行動しなさい、と命じたのです。
そしてキリストを見習いなさい、とも命じたのです。
パウロは、その様に生き、人々にも勧めました。

・・・一般に人々は「自分の利益を優先」して行動します。
しかしクリスチャンは、違う価値観で生きるのです。
それは「皆の益の為」「神の栄光の為」です。





20170718


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-07-18 05:22 | 2017年 | Trackback

7月17日詩編7-10篇 1コリント10:1-13

懸賞 2017年 07月 17日 懸賞

『不当に扱かわれた人の祈り(ダビデ)』

【詩7:8 【主】は諸国の民をさばかれる。【主】よ。私の義と、私にある誠実とにしたがって、私を弁護してください。7:9 どうか、悪者の悪があとを絶ち、あなたが正しい者を堅く立てられますように。正しい神は、心と思いを調べられます。7:10 私の盾は神にあり、神は心の直ぐな人を救われる。7:11 神は正しい審判者、日々、怒る神。7:12悔い改めない者には剣をとぎ、弓を張って、ねらいを定め、7:13 その者に向かって、死の武器を構え、矢を燃える矢とされる。】

①この詩もダビデの祈りです。
ダビデは「主は正しいお方」であると知っていました。
そして、主によって、正しい人は守られ、
主の計画に反発し続ける人には、正しい裁きが起きることを知っており、
その実現を祈ったのです。
主の義が実現することは、信仰者の願いなのです。



『試練と同時に、脱出の道がある』

【Ⅰコリント10:7 あなたがたは、彼らの中のある人たちにならって、偶像崇拝者となってはいけません。聖書には、「民が、すわっては飲み食いし、立っては踊った」と書いてあります。
10:12 ですから、立っていると思う者は、倒れないように気をつけなさい。10:13 あなたがたの会った試練はみな人の知らないものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを、耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます。10:14 ですから、私の愛する者たちよ。偶像礼拝を避けなさい。】

①パウロは主によって、「耐えられない試練はない」
「試練と同時に脱出の道がある」、と語りました。

しかし気をつけなければならないことがあります。
それは偶像礼拝です。
偶像礼拝とは、神ではないものに頼り、執着することです。
神ではないもの(自分の欲やお金、名誉など)を一番として、
神に従うことを「放棄すること」が偶像礼拝の大きな罪なのです。

・・・偶像を取り除きましょう。
主に従いましょう。
そうすれば、脱出の道を通り、試練を乗り越え、
「すべてが益となる」恵みを受け取ることができるのです。





20170717


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-07-17 05:21 | 2017年 | Trackback

7月16日詩編1-6篇 1コリント9章

懸賞 2017年 07月 16日 懸賞

『朝の祈り(ダビデの祈り)』

【詩5:1 私の言うことを耳に入れてください。【主】よ。私のうめきを聞き取ってください。
5:3 【主】よ。朝明けに、私の声を聞いてください。朝明けに、私はあなたのために備えをし、見張りをいたします。
5:6 あなたは偽りを言う者どもを滅ぼされます。【主】は血を流す者と欺く者とを忌みきらわれます。5:7 しかし、私は、豊かな恵みによって、あなたの家に行き、あなたを恐れつつ、あなたの聖なる宮に向かってひれ伏します。5:8 【主】よ。私を待ち伏せている者がおりますから、あなたの義によって私を導いてください。私の前に、あなたの道をまっすぐにしてください。5:9 彼らの口には真実がなく、その心には破滅があるのです。彼らののどは、開いた墓で、彼らはその舌でへつらいを言うのです。5:10 神よ。彼らを罪に定めてください。彼らがおのれのはかりごとで倒れますように。彼らのはなはだしいそむきのゆえに彼らを追い散らしてください。彼らはあなたに逆らうからです。5:11 こうして、あなたに身を避ける者がみな喜び、とこしえまでも喜び歌いますように。あなたが彼らをかばってくださり、御名を愛する者たちがあなたを誇りますように。】



『毎日の決断の大切さ』

【Ⅰコリント9:23 私はすべてのことを、福音のためにしています。それは、私も福音の恵みをともに受ける者となるためなのです。9:24 競技場で走る人たちは、みな走っても、賞を受けるのはただひとりだ、ということを知っているでしょう。ですから、あなたがたも、賞を受けられるように走りなさい。9:25 また闘技をする者は、あらゆることについて自制します。彼らは朽ちる冠を受けるためにそうするのですが、私たちは朽ちない冠を受けるためにそうするのです。9:26 ですから、私は決勝点がどこかわからないような走り方はしていません。空を打つような拳闘もしてはいません。9:27 私は自分のからだを打ちたたいて従わせます。それは、私がほかの人に宣べ伝えておきながら、自分自身が失格者になるようなことのないためです。】

①パウロは、もし自制や自己鍛錬、自己否定、悪からの分離、愛する神への応答(献身)がなければ、
私たち自身が「失格者」になる可能性があることを強調しています。
「失格者になる」とは「試験に失敗する」「拒まれる」という意味を持ったギリシャ語です。

②パウロは、「自分を打ちたたいて従わせる」と言っています。
私たちが「肉の力」を退け、「神に喜ばれること」を実行するには、時にそのような決断が必要なのです。

・・・訓練を受けた者が賞を得ます。
私たちも毎日の判断(決断)を大切にしましょう。
主はその決断を見ておられ、助けて下さるのです






20170716


[PR]

# by Happiness-eachday | 2017-07-16 05:58 | 2017年 | Trackback